どうしてもお金が必要な時にお金を借りる方法

お金は生活をする上でなくてはならないものです。お金を稼ぐためには仕事をして給料をもらう形が一般的ですが、入ってくるお金に対して出ていくお金の動きは大きく、急に出費が必要になった場合は、どうにか工面して足りないお金をカバーする必要があります。

 

お金が必要になって手元にない場合は、金融機関からお金を借りる方法があります。知人や身内から借りる方法もありますが、親しい人からお金を借りることはトラブルの原因を作ると言われていることからも、ローンを利用して借りる方が無難です。

 

 

【目次】


 

 

お金を貸してくれる場所とは?

お金が無くて困っている場合に、お金を貸してくれる金融機関として銀行や消費者金融などがあります。銀行は、事業者向けや大口のローンなどをメインにしていましたが、昨今は不景気な世相も関係して、個人向けの融資も積極的に行うようになっています。

 

銀行でお金を借りる場合は、審査が厳しいというイメージや誰でも借りることができないイメージを持つ人も多いと思います。しかし、銀行でも個人向けのカードローンなら申し込みをしてその日のうちに借り入れができるように、即効融資に対応しているところは増えています。

 

銀行という安心感もあるので、初めてお金を借りることを考えている人にとっても安心です。

 

個人がお金を必要としている場合に、すぐ貸してくれるイメージとしてあるのは消費者金融だと思います。消費者金融と言えば闇金とつながっていて、借りると法外な金利でお金を貸し付けられると思っている人もいるかもしれませんが、法律の取り締まりが厳しくなったことで今は昔のように違法金利でお金を貸し付けるような消費者金融はほとんどありません。むしろ、イメージアップのために丁寧な対応で金利の低いキャッシングサービスを展開しているところもあります。

 

法定金利に設定されていても、個人向けのキャッシングサービスは相対的に金利が高い特徴もあるので、計画性を持って返済しないと借金地獄に陥ってしまう可能性もあるので注意が必要です。消費者金融でお金を借りる場合は、借り入れの条件をきちんと確認しておくことや、完済までのイメージなどもしっかり持っておくようにしましょう。

 

保険会社でも融資のサービスを行っているところがあります。キャッシングやカードローンのようなサービスを提供しているところもあれば、フリーローンのように自由な目的で一定のお金を最初に借りることができて、返済一方通行のローンもあります。それぞれの金融機関でお金を借りるための条件は異なっているので、事前に確認して納得した上で借り入れを進めていくことが必要です。

 

保険会社でも会社によっては融資のサービスを行っているところがあります。この場合、条件となるのが保険に加入していることですが、自分が加入している保険がある場合は、金融機関でキャッシングのサービスを探す前に、保険加入している人に対して融資のサービスが行なわれてないかも確認しておくとよいかもしれません。

 

銀行からお金を借りる方法

お金が急に必要になった場合に、銀行でも即日融資のサービスを提供しているところがあるので、その日のうちに銀行からお金を借りてお金がないピンチに対応できる可能性があります。

 

銀行が提供する個人向けカードローンの特徴は、低い金利でお金の借り入れができることです。特に、借り入れが長期になることが予想される場合は、少しでも金利は低い方が返済にかかる負担も少なくなるので、銀行のように低金利でお金の借り入れができる金融機関を利用するメリットは大きくなります。

 

銀行には、大手銀行や地方銀行があるので、それぞれの銀行が提供しているカードローンを比較して借り入れ先の検討をしましょう。

 

大手銀行は、個人でもカードローンを利用して1000万円近くの借り入れが可能になっているところがあるように、借りることのできる金額が大きい特徴があります。まとまったお金が必要になった場合は、大手銀行のカードローンの利用がおすすめですが、1000万円の借り入れに対応しているからと言って、誰でも申し込みをすれば1000万円借りられるわけではありません。

 

消費者金融のように年収三分の一を超えて借り入れができないという総量規制のルールは適用外ですが、貸し出しにかかるリスクを考慮して最終的に借りることができる金額は総量規制で適用となる金額に準じるケースも多く、必要な額のお金の借り入れができないこともあります。大手銀行だと近くに支店がないことも多いですが、地方銀行のATMを使って取引できるところも多くあるので、支店がなくてもお金の借り入れの心配をすることはありません

 

地方銀行も、借りることができる金額は上がっており、なおかつ即日融資に対応しているところも増えています。普段から利用している地方銀行がある場合は、使用しているキャッシュカードにカードローンの機能を付帯することができることもあります。この場合、審査にかかる時間は短いことや普段から利用しているということもあって安心感もあります。地方銀行のカードローンは大手銀行に比べて金利が高いわけでもないので、金利の負担面で考えても大きなデメリットはありません。

 

ただし、地方銀行によってカードローン利用の条件は異なっており、審査の厳しいところもあるので、住んでいる地域によっては借りることができないことがあります。借り入れの条件に地域差があるというのはデメリットとも言えるでしょう。銀行からお金を借りる場合は、借り入れ診断のツールを事前に使って借り入れができるかどうかの簡易審査を受けておくことをおすすめします。

 

市役所・区役所からお金を借りる方法

市役所や区役所からも、条件を満たせばお金を借りることができます。市役所や区役所は市民から税金を徴収することが義務としてあります。お金がなくて困っている人を放っておくと最終的に生活保護を必要となる可能性もあり、本来なら税金を徴収するのに、徴収した税金を生活保護に回す必要が出てきます。

 

生活保護になってもらっては困るので、生活福祉資金貸付制度を用意して、生活に困窮している人を救済目的でお金を貸しています。意外と思われるかもしれませんが、役所というのは市民が安心して暮らせる環境を作ることを目的としているため、さまざまなサービスが用意されています。

 

生活福祉資金貸付制度と言っても、種類がいくつかあります。役所は金融機関ではないため、法外な金利でお金を貸し付けるようなことはありません。その代り、担保を設定して返済ができなくなった場合の予防をしており、不動産担保や年金担保などを条件にお金の貸し付けを行っています。

 

ただし、相談支援が貸し付けをするための条件になっており、すぐに借りることができるわけではありません。もちろん何のためにお金が必要であるかということは明示しなければなりませんし、細かく収入もチェックされることになります。申し込みをしても確実に借り入れができるわけではないので注意が必要です。

 

お金の借り入れを希望している人の中には、無職で仕事が無い状態の人もいるかもしれません。無職の人が生活福祉資金貸付を利用してお金を借りようとすると、必ず職業安定所で仕事探しを優先するように促されます。仕事をして一定の収入を得てないと貸したお金が戻ってくるか分かりません。また、生活福祉資金貸付で借り入れができる金額は少額となるため、多額の借金を抱えてお金が必要になっている場合や、他の理由で大きなお金が必要になった場合は、債務整理を促されることもあります。

 

債務整理は借金整理の救済措置の一つで、適用されると借金返済の義務がなくなることや返済額の一部が免除されますが、金融サービスを受けることができないなどのペナルティもあります。借金を整理することは最終手段として考え、まずは他の方法でお金を工面することを考えましょう。

 

市役所や区役所からお金を借りる場合は、金利が低いことや役所の貸し付けになるので民間からお金を借りるよりも、さらに信頼性や安心感は高くなります。一方で、借りるための条件が厳しいことから、誰でもすぐに借り入れができるわけではありません。生活福祉資金貸付の利用を検討している場合は、早めに手続きを開始することをおすすめします。地域の社会福祉協議会が窓口になっているので、まずは相談してみるとよいでしょう。

 

手持ちのクレジットカードからお金を借りる方法

 

クレジットカードは、ショッピングやサービス、公共料金の支払いなどに使えるカードで、後払いにすることや分割して支払うことができます。ネットサービスが普及して、ネットショッピングでも重宝するカードですが、お金を借りる方法の一つとしても有効です。

 

クレジットカードを作成するときには、ショッピング枠の金額が設定されています。ショッピング枠が30万円になっている場合だと、クレジットカードを使って買い物できる上限の金額は30万円です。

 

このショッピング枠を使ってお金を借りることができるのですが、すでに10万円をショッピング枠で使っていると借りることができる金額は20万円になります。

 

クレジットカードでお金を借りた後の返済の流れについては、リボルビング返済を行うのが一般的です。この方法は、毎月決まった金額を返済していくため、返す側は返済スケジュールが立てやすく、一定のリズムで借金完済ができます。ただし、クレジットカードは法定金利の上限近くで設定されていることが多く、銀行のカードローンと比較しても金利は高めです。

 

リボルビング払いは便利な返済方法の一つですが、高金利の借り入れをする場合だと利息の支払いが多くなり、元金がなかなか減りません。自分では、きちんとお金を返して借金の返済ができているように感じていても、実際は借金がほとんど減ってないこともあります。

 

お金を借りる目的の中には、何かを買うことが目的になっていることや支払いが目的になっていることもあります。この場合、クレジットカードの支払いに対応しているのであれば、わざわざお金を借りなくても、カード払いにすることによってお金を用意することなく問題解決ができます。カードの支払いは翌月か翌々月になることが多く、通常は一回払いです。

 

二回払いまでなら金利がゼロのところも多く、一時的にお金が足りてないという状況ならカードで対応した方が返済する金額も小さくなります。また、返済回数を増やしたい場合も、カード決済させる場合に返済回数を増やすことで分割対応できます。

 

クレジットカードはローンに比べると簡単に作ることができること、いろいろなシーンで活用できる便利なカードである反面、利便性から使い過ぎて返済に追われることも少なくありません。クレジットカードでお金を借りるのは最後の手段だと考えて、まずは金利が低い方法などを先行して考えましょう。

 

また、クレジットカードに対しても総量規制は適用されるため、年収によって借りることができる金額の制限があります。年収が少ないと、それだけカードを使って借りることのできる金額も少なくなるため、借りたい金額と年収から実際に借りられる金額については事前に計算しておきましょう。

 

加入している生命保険からお金を借りる方法

自分の身に何かあった場合に、生命保険へ加入をしていると、保障を受けることができます。単に備えるためだけでなく、生命保険を使ってお金を借りることができる場合もあります。契約者貸付制度と言われるもので、加入をしている保険会社から借りるため、まったく知らないところから借りるよりも安心感があります。加入している生命保険の概要を確認して、実際にお金の借り入れができるかどうか確認しておきましょう。

 

契約者貸付制度は、保険の加入者が保険の解約をするときに返ってくるお金の7割から9割でお金を借りる方法です。

 

生命保険は、継続して支払いを続けて解約するとお金が戻ってくる仕組みになっているものが多くあります。保険会社は、返す予定のお金を担保に設定することができるため、ノーリスクでお金を貸し付けることができるのです。

 

そのため、掛け捨てタイプの生命保険に入っている場合だと、担保となる解約金が発生しないため、契約者貸付制度がありません。

 

契約者貸付制度でお金を借りる場合の金利はかなり低く、カードローンやクレジットカードの金利が15%から18%であるのに対して、数%の金利で借り入れができるようになっています。返済のペースについては、毎月返済で設定されているものや借りた金額を一気に完済させる方法、随時返済していくなど保険会社によってさまざまな返し方があります。

 

金利が高くないので、長期の返済になっても他のローンに比べると返す金額と借りた金額の差は小さい特徴があります。無理して返していくのではなく、少ない負担でコツコツ返していくこともできます。

 

申し込み方法については、契約している保険会社によって異なりますが、多くのところでネットからの申し込みに対応しています。中には、申し込みをしてその日のうちに指定した金額のお金が口座に振り込まれるところもあります。郵送でも対応しているところはありますが、すぐに借りたい場合はネットを利用する方が、対応がスムーズな場合がほとんどです。借りたお金は、完済をするために返済をする義務がありますが、完済することができなかった場合は保障が不履行になります。

 

また、金融トラブルを起こしたことがある人や、複数の金融機関から借金をしているなど、おかれている状況によってもお金の借り入れそのものができないこともあります。

 

契約者貸付制度は保険加入者にとってお金を借りるための便利な方法ですが、全ての保険会社にあるわけではありません。解約金が発生する保険でも、生命保険以外の保険では適用にならないところも多くあります。自分が契約している生命保険の内容をチェックして、該当する制度があるか確認をしておきましょう。

 

勤務先からお金を借りる方法

会社は仕事をして給料をもらうところです。企業によっては、従業員貸付制度を行っており、お金に困った場合は勤務先からお金を借りることができることもあります。働いている会社に頼んでお金を工面してもらうため、従業員貸付制度の利用には抵抗感がある人もいるかもしれません。しかし、福利厚生の一環として用意しているところも多く、制度が導入されているところでは活用してお金を借りる人も少なくありません。

 

会社としては、従業員が安心して働ける環境を作って仕事に打ち込んでもらうことがベストです。高い金利でお金を借りて自分の首を絞めて会社に影響が出るよりも、会社が低い金利でお金を貸して借りを作っておく方が、借りる側も貸す側にもメリットがあります。

 

勤務先の従業員貸付制度を利用してお金を借りる場合に、気になるのは給料の前借りになるかどうかです。給料の前借りだと、これからの給料は借りた分だけ減ることになるため、ギリギリの給料で生活をしている人だと、目先のお金のピンチは乗り越えることができても、今後の生活においてピンチです。基本的に、従業員貸付制度は融資であり、給料の前借りではありません

 

金融機関からお金の借り入れをする場合と同じように、毎月一定の金額を会社に返済していく形になります。もちろん、返済することが困難になることや返済することを忘れてしまったときのことを考えて給料から天引きしてもらうことも可能です。ボーナスの支給がある会社なら、ボーナスから一定の金額を支払うようにすることで毎月の給料が減ることを防ぐこともできます。

 

勤務先で従業員貸付制度を利用すると、お金がないことを会社に知られてしまいます。借金をするということが露呈してしまうことに不安を持っている人もいるでしょう。しかし、今後のことを考えると信頼できるところからお金を借りる方が安心です。また、働いている会社から借りているお金だからこそ、躍起になって返済を目指すものです。従業員貸付制度を使って借りることができる金額は、10万円から30万円くらいが平均的ですが、会社によってはさらに多額のお金を貸してくれることもあります。

 

一方で、従業員貸付制度にはある程度の資金力を必要とするため、会社によっては制度そのものがないところもあります。ただし、制度がなくても会社とある程度の信頼関係が築けているのであれば、貸してくれる場合もあります。お金を借りる方法にはいろいろありますが、借りている期間が長くなってくると金利の負担も無視できなくなります。少しでも低い金利でお金を借りることが完済までの近道にもなるため、賢く従業員貸付制度を利用して返済しましょう。

 

親、身内、友人からお金を借りる方法

お金の借り入れが必要な場合に、銀行や消費者金融などから借りると金利がかかります。すぐに返すことができるなら別ですが、長期になると金利の支払いが大きくなることや審査を受けるなど、借りるまでのハードルもあります。できれば金融機関からお金を借りることなく、他の方法でお金の借り入れができればベストです。すぐにお金を借りる方法を考えた場合に、頼れる親や身内、友人に頼んでお金を借りる方法もあります。

 

知り合いからお金を借りる場合のメリットとして、金融機関のように審査が不要なことです。信頼関係が普段から築けている人ほど、お願いしたときに貸してくれる可能性は高くなるでしょう。借りることのできる金額は、貸してくれる人の財力にもよりますが、困っている姿に手を差し伸べてくれる人もいるはずです。

 

親しい人から借りる場合は、返済の話しなども口約束になりやすい特徴があります。金融機関の場合は、指定した日にちまでに返済しないと金利が上がるペナルティが付加されますが、個人間の借り入れであればペナルティが付加されることもありません。

 

一方で、親しい人から借りるのは信頼関係が元になっています。返済をあいまいにしている場合や、何度も借り入れを頼んでくれる姿を見ていると、心の中で距離を置くようになり、次第に離れていってしまいます。借りた側と貸した側に歪が生じることによってトラブルの原因になる可能性もあります。お金はどんな関係であってもトラブルになる原因の一つです。

 

一度でもトラブルになって問題が大きくなってしまうと、これまで築きあげてきたものを一瞬で失ってしまうかもしれません。個人間のお金の貸し借りでトラブルになるのは、借りたお金を返済しないことが多くなっています。しかし、それ以外にも返済の可否に限らず、お金を貸して欲しいと言ってきた時点で、もやもやを持っている可能性もあります。

 

お金を知人から借りる場合は、関係が崩れるということも覚悟しなければなりません。どうしても知人から借りる場合は、きちんと返済する意志があるということを分かってもらう必要があります。法的に有効な書類の作成なども信頼関係にヒビを与えないためにできることだと言えるでしょう。借りたお金を具体的にいつまでに返済することができるかというスケジュールを立てることやお金を借りる目的を明示することも必要です。

 

金融機関から借り入れをするとトラブルにならないために金融機関のルールに沿って借り入れや返済が行なわれます。しかし、個人間にはルールがないため、少しのきっかけでトラブルが発生してしまう可能性があるということにも気をつけなければなりません。その時のことだけで考えると個人から借りる方が良いと思うかもしれませんが、長期的なことを考えると審査を受けて金融機関からお金を借りる方がよいでしょう。

 

ゆうちょ銀行からお金を借りる方法

郵便局は、郵便の依頼や届けてもらうだけでなく、ゆうちょ銀行を開設してお金を預けている人も少なくありません。銀行と同じように定期預金することや保険に入って備えることもできます。さまざまなサービスを展開しており、各郵便局で取り扱っているサービスにも違いがあります。

 

金融機関としての役割も強く、取引手数料も小さいことから身近な金融機関と言えるでしょう。

 

お金が無くて困っている場合に、郵便局でお金を借りることはできるのでしょうか。ゆうちょ銀行のサービスを見てみると、カードローンやキャッシングなどのサービスは提供されていません。すぐにお金を借りることはできないので、お金を今すぐに用意しないといけない状況だと、ゆうちょ銀行でお金を借りることは難しいと言えるでしょう。

 

ただし、ゆうちょのキャッシュカードを持っている場合は、クレジット機能を付帯させることができます。お金を必要とする理由が、物を購入する場合やサービスを受ける場合は、クレジットカードの使用ができる場合もあります。クレジットカードの決済なら、一括払いだけでなく分割払いで対応することもできるので、ローンサービスを利用するような感覚で利用することができます。

 

クレジット機能を付帯させるためには審査を受ける必要があります

 

条件は他のクレジットカードを作る場合と同じように、収入や年齢、金融トラブルの有無などです。ただし、日頃からゆうちょ銀行の利用がある場合に、定期預金や普通預金口座に残っている金額が多い場合は、それらが担保になることで審査はスムーズです。

 

ゆうちょ銀行が提供しているクレジット機能は消費者金融のキャッシングに比べると金利が低いので、少ない負担で借り入れが可能です。ただし、借りている期間が延びてくるとそれだけ支払が必要な金利も増えてくるので注意する必要もあります。借りるお金に対して、どれくらいの期間で返済することができるのかについても、返済シミュレーションなどを利用して確認しておきましょう。借金の管理をきちんとすることが、金融トラブルを起こさないためにできることです。

 

クレジット機能以外にも、ゆうちょ銀行ではフリーローンの申し込みをしてお金の借り入れができます。このサービスはゆうちょ銀行が提供しているわけではなく、スルガ銀行と提携しているサービスになるので、最終的にはスルガ銀行で審査が行なわれてお金の借り入れになります。

 

さまざまな目的で利用することができる便利なローンですが、カードローンほど自由性は高くなく、あらかじめ借りたお金の使い道については提示しなければなりません。お金を必要とする理由によってはお金の借り入れができないこともあるので、事前に申し込み条件などを確認しておく必要があると言えるでしょう。

 

警察からお金を借りる方法

財布にお金を入れておいても、財布を落としてしまうと所持金はゼロです。また、盗難にあった場合もお金が無くなります。その場でお金を必要としており、きちんとお金を用意しておいたにも関わらず、お金が無くなってしまうことによってお金を借りる必要になるケースもあります。

 

急にお金が必要になった場合にどうやって対処するのか考えると、友人から借りる方法や金融機関から借りる方法などが思い浮かびます。しかし、落としたり盗まれたりしたお金に対しては、まず警察に行って相談することが必要です。

 

警察に行った後は、被害届の作成や財布が落ちてないかどうかの確認だけでなく、公衆接遇弁償費が適用されることによって警察からお金を貸してもらえることがあります。単にお金がないという理由だけで貸してくれるわけではなく、財布を落とした場合や盗難、病人の保護や交通事故で怪我をしている人がいる場合、行方不明者が見つかったなど、緊急性を要し、警察が絡んでくる事案に対してお金が必要になった場合に限ります。

 

基本的に借りることができる金額は1000円程度になっており、まとまったお金を借りられるわけではありません。少額の借り入れでも、警察から借りる場合は借受願書に住所や名前、職業などを記入する必要があるため、借りる金額から考えると手間がかかる感じも否めません。

 

警察や交番によって対応は異なり、ある交番だと借りることができたとしても、他の交番になると門前払いになることも十分にあり得ます。借りるお金であるため、もちろん返済もきちんと行う必要があります。借りるお金そのものは少額でも、借りたという痕跡は残るわけなので、少額のために自分の信用を落としてしまうことは避けたいものです。

 

いざという時には警察からお金を借りることができることは覚えておいて損はないでしょう。思わぬ出来事に巻き込まれた場合に、知っているかどうかで対応にも差が出てきます。

 

気をつける点としては、警察からお金を借りられるケースは限定されており、もちろん銀行や消費者金融のように手軽に借りることができるわけではありません。借りる目的を明確にすることや本当に必要な借り入れかどうかということも考える必要があります。できるだけ警察のお世話にならないようにすることが大切で、すぐに必要な借り入れなら即日融資に対応しているカードローンやキャッシングを利用することでカバーすることができます。

 

また、少額なら思い切って知人や家族に相談をしてお金を貸してもらうのもよいでしょう。知人からの借り入れは信用関係を崩す可能性もありますが、急を要する借り入れに対しては許容してくれる人もいます。

 

駅でお金を借りるケースもある

お金を借りる必要になるケースはいろいろあります。あらかじめお金が必要になることが分かっていれば、金融機関に申し込みをして借り入れすることも可能です。しかし、その場でお金が必要になった場合は、金融機関から借りるだけの時間の余裕がありません。電車に乗ろうとした場合に、乗車賃が足りない場合はどうなるでしょうか?そこにお金を借りることができる金融機関はありません。

 

頼みとなるのは、駅にお願いをして乗車賃を貸してもらうことです。場合によっては駅で必要なお金を借りられることもありますが、どこの駅でも絶対に貸してもらえるわけではありません。貸し出しを判断するのは、そこの駅であるため、場合によっては自分でどうにか工面しなければなりません。駅でお金を借りることができるケースとしては、財布を落としたなど予期せぬトラブルが起こった場合です。最初からお金を持ち合わせておらず、足りない場合には貸してもらえる可能性が低くなります。

 

借りる場合は、身分証明書が必要となるので、財布を落としてなおかつ身分証明書も紛失してしまっていると借りられないこともあるので注意が必要です。どちらにしてもお金が足りない場合は相談することをおすすめしますが、乗車時間の関係などもあるのでスムーズな相談を心がけることも必要です。公共機関はスムーズな乗車と降車が求められているということを忘れてはなりません。

 

バスの場合は、電車と違って支払いは目的地に到着した場合になります。目的地に到着してお金を払おうとした時に、足りないことに気付くこともあるかもしれません。先払いのシステムが導入されているところなら心配は不要ですが、後払いになっている場合は注意が必要です。この場合は、降車する時に足りないことを運転手に相談することで支払いを後延ばしにしてくれることがあります。お金の支払いを次の乗車時にしてもらった場合は、必ず返すことを忘れないようにしましょう。

 

電車やバスに乗る予定がある場合は、事前に持っているお金を確認して足りなくなることを防ぐことも大切です。駅でお金を借りること自体はできませんが、支払いを延期にしてもらうなどの措置を取ってもらうことはできます。しかし、すべての駅で同じような対応をしてもらえるとは限らないことや、信用にも関係してきます。頼めば必ず貸してもらえるという安易な気持ちを持たないようにしましょう。

 

個人融資掲示板を利用してお金を借りる方

 

金融機関でお金を借りる場合は、申し込みをして審査を受ける必要があり、借りることができても、その後は完済に向かって金利を含めた返済をしなければなりません。比較的簡単と言われているカードローンやキャッシングでも、借りるためには手間がかかります。即日対応している金融機関で借りる場合も、審査に通貨しないと借りることはできません。金利の支払い負担を減らす方法や確実にお金を借りたい方法で考えるなら、個人融資掲示板の利用があります。

 

個人融資になるので、借り入れの条件などは個々で決めていきます。金融機関に縛られない方法でお金を借りることができる反面、個人間の貸し借りには不安が残る部分もあります。フリマアプリで金銭のやりとりが問題となったように、掲示板を使ってお金を貸してくれる人を探すことにはリスクを伴うことも覚えておきましょう。

 

個人融資掲示板を使ってお金を借りる場合は、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法と同じで、ショッピングをして現金を入手します。個人間の借り入れなら金利が高くないように感じるかもしれませんが、実際のやりとりを見ると金融機関が設定している金利よりも高い金利になっている場合がほとんどです。金融機関よりも手軽に借りることができることも理由としてあり、怖い人が絡んでいることも少なくありません。

 

例え、信頼できる人であっても金融機関の評判を調べるように個人を調べることは困難であり、良い人から借りることができたと分かるのは、実際に借りてからになります。個人融資掲示板の利用をすることで確かにお金を借りることはできます。しかし、犯罪の温床になっているとも言われていることから最終的な手段として考え、できれば金融機関からお金を借りることをおすすめします。

 

インターネットが発達したおかげで、個人間のやりとりは昔に比べるとかなり容易になっています。一方で、知らない人からお金を借りてトラブルになるなど個人間のやりとりがきっかけとなってトラブルが増えているとも言われています。人間関係のトラブルで多いのがお金に関することと言われているように、お金を個人で借りるのは避けたいものです。個人融資掲示板の中には、個人情報を抜き取ることを目的に運営している悪質なサイトもあります。

 

お金に困っている人は心情的に騙されやすくなっているので、個人融資掲示板はターゲットを見つけるために有効な方法なのです。もし、どうしても掲示板を使って借り入れがしたいというなら、掲示板の評判を調べた上で信頼できるかどうかを判断してから実際に借り入れの準備を進めて行きましょう。

 

闇金からお金を借りる方法

 

お金を借りるためには、金融機関が提示するさまざまな条件をクリアしなければなりません。金融機関としては、貸したお金がきちんと戻ってくるかどうかが重要なポイントであり、安定した収入があることや過去に金融トラブルを起こしたことが無いなどは審査の基本的なポイントです。中には審査基準に満たないことで、申し込みをしてもお金の借り入れができない人もいますが、インターネットでお金の借り入れができるところを見ていくと、誰でも借りることができると謳っているサイトを見かけます

 

金融機関としての登録を受けているところなら、誰でも借りることができると言った安易な言葉を使うことはありません。考えられるのは、闇金と言って金融機関として届け出をしてない業者になります。

 

闇金といえば、イメージするのは怖い取り立てや法外な金利だと思います。実際に、闇金からお金を借りると金利の支払いだけで毎月の支払が追われるように、法外な金利の返済によって、いつまでも完済できない状態が続くことになります。闇金を運営しているのは暴力団であることが多く、その返済から逃れようとしても網羅されたネットワークによって逃げることは困難だと言えるでしょう。

 

闇金を利用する人の大半は、金融機関から正当な方法でお金を借りることができない人です。金融機関から借りることができないという弱みに付け込んで法外な金利で貸し付けをするのですが、昔に比べると闇金の形態も多様化が進んでおり、ソフト闇金と呼ばれるタイプの闇金も増えています。

 

ソフト闇金は高圧的な態度ではなく、実在する消費者金融並みの対応をすることが多く、親身になって話しを聞いてくれる人も多くいます。法外な金利であることには違いありませんが、精神的に追い詰めてくるようなことはしません。しかし、ソフト闇金と呼ばれている業者でも、実際に返済することが困難になってくると態度を急変させてきます。ソフト闇金は借りる側に信用させておいて、長期にわたってお金を搾取することが目的になっているので、直接的な闇金よりも達が悪いとも言えます。

 

闇金でお金を借りると自力でお金を返すことは困難なので、最初から利用しないでお金の問題を解決することを考えましょう。借金をたくさん抱えてしまっている状況の場合は、債務整理をして借金整理をさせることも可能です。これまでに消費者金融からお金を借りていた人も過払い金の請求をしてお金が戻ってくることもあるので、そのお金を借金返済に充てることもできるでしょう。

 

闇金を利用しても自分自身を自滅させるだけなので気をつけましょう。また、間違って闇金を利用してしまった場合は闇金弁護士など専門の法律家に依頼して対処してもらうことをおすすめします。個人が闇金と交渉しても前向いて話しは進まないことがほとんどです。

 

中小消費者金融からお金を借りる方法

即日キャッシングのサービスが人気の消費者金融は、今でこそ誰でも気軽に利用できる金融機関になりましたが、過去を見ると闇金と同じくらい高い金利でお金を貸し付けていた過去がありました。消費者金融に対しての法律の規制は厳しくなっており、今では法定金利を越えるお金の貸し付けは厳しく制限されており、年収によって借りることができる金額も制限されています。お金を借りる側としては、安心して借りることができる環境になったと言えるかもしれません。

 

消費者金融には、大手の消費者金融と中小消費者金融に分けることができます。大手消費者金融の場合は、借りることのできる金額が大きい反面、銀行と同じくらい厳しい審査規定にしているところも少なくありません。即日キャッシングに対応していても、審査に通過しないのでは意味がありません。借りることができると自信がある場合は別ですが、借りることができないと不安に思うなら審査のハードルが低い中小消費者金融で借り入れすることをおすすめします。

 

中小消費者金融の特徴としては、一度に借りられる金額が少ないものの、審査までのスピードが速いことや審査のハードルが低いなどがあります。大手消費者金融は全国対応型のところも少なくありませんが、中小消費者金融の場合だと地域密着型になっているケースがほとんどです。地域密着型になるので、そこに住んでいる人なら名前は聞いたことがあっても、その他の地域の人だと名前を聞いたことがない人が多くなります。

 

金融機関の信頼性を確かめるための方法としてあるのが、インターネットの口コミサイトなどを見て評判をチェックする方法です。しかし、中小消費者金融の場合だと利用する地域が限られるため、インターネットで調べても信頼性を判断するだけの材料が集まらない可能性もあります。消費者金融としての登録がある金融機関であれば、賃金業者の番号が振られているので確認しておくとよいでしょう。

 

大手の消費者金融なら自動契約機の設置も多くあります。しかし、中小消費者金融の場合だと自動契約機が用意されてないところも多いので、ネットからの申し込みが中心になります。ただし、自動契約機が無くてもカードの発行は後日にして必要なお金だけを先に指定した口座に振り込む対応をしてくれるところもあるので、即日キャッシングは十分に可能です。キャッシングは金利が高い特徴があるので、あらかじめ必要となる金利を調べて完済までの流れを可視化しましょう。

 

返済シミュレーションのツールを利用すれば、借りたお金に対して、どれくらいの返済期間で完済することができるか把握することができます。また、即日キャッシングを利用してお金を借りる場合は、何時までの申し込みならその日のうちに借りることができるのか確認しておきましょう。大手消費者金融ほど細かく条件を提示してないこともあるので注意が必要です。

 

無職の人がお金を借りる方法

お金を借りるためには安定した収入を得ている必要があります。どれくらいの収入があれば貸してくれるかについては、それぞれの金融機関が定めている審査条件によって変わります。収入が少なくても、定常的に収入があれば収入に応じて借りられます。しかし、年収で見ると多くても、収入を得てない月があるなど収入が不安定な場合だと、借りられないこともあります。

 

お金を借りたい人の中には無職の人もいるかもしれません。収入を得る方法として一般的なのが、仕事をすることであることを考えると、無職の人が金融機関からお金を借りることのハードルは高いと言えるでしょう。しかし、まったく借りることができないわけではありません。無職の人でも状況によってはすぐにお金を借りられることもあります。

 

無職がお金を借りるための条件としては、継続的に収入を得ていることがあります。仕事をしてなくても収入を得る方法はあり、例えば年金による収入を得ている場合や不動産運用で収入があれば、お金を借りるための条件を満たしていることもあります。各金融機関の申し込み条件を見ても、収入について記載があっても就業の有無については明確にしてないところも多くあります。

 

正社員であることを借り入れの条件にしているところもありますが、それ以外のところであれば仕事をしてなくてもお金を借りることができる可能性があります。特に、年金による収入については安定性の高い収入と見ることができます。場合によっては仕事をしている人よりも、審査のハードルが下がっている場合もあります。

 

収入の有無が審査において重要なポイントですが、審査条件が厳しい住宅ローンになると正社員として安定した収入を得ていることなどが重視されます。すでに仕事を辞めてしまっている場合だと新たに借りることは難しいでしょう。しかし、これから無職になることが決まっている場合に、まだ仕事をしているなら仕事を辞める前にお金を借りておきましょう。無職でもお金を貸してくれると謳っている金融機関の中には、闇金のように悪質な業者も少なくありません。

 

インターネットで検索しても、今は普通に闇金が出てくるような時代なので、金融機関を選ぶ場合は、きちんと金融機関として登録されているかどうかについても確認しておく必要があります。無職は闇金の餌食になりやすいということも覚えておきましょう。また、無職でも専業主婦のように配偶者に収入がある場合は借りられることがあります。確かに無職はお金を借りにくいですが、一定の条件を満たせば借りることも可能です。

 

収入が少ないときにお金を借りるなら、借りることだけでなく完済できるかどうかについての見通しも立てる必要があります。

 

年金受給者がお金を借りる方法

 

お金が必要になった場合に、金融機関に申し込みをして借りることができるかどうかは、収入に大きく左右されます。金融機関としては、お金が返ってくることを見込んで貸さないと、きちんと戻ってこない可能性が出てきます。そのために金融機関は審査を行って借り入れの可否判断を行っているわけです。収入を得ていることが借り入れするための基本的な条件になっていますが、収入を得ている方法については言及がありません。場合によっては無職でも借りられることがあります。

 

では、年金受給者だとどうでしょうか。

 

日本には、年金受給者がお金の借り入れをできる制度があります。年金担保貸付制度と呼ばれるもので、借りることのできる金額は10万円から200万円までとなっていますが、その範囲内であれば低金利で借り入れできるのが魅力です。

 

利用条件は年金収入があることで、無職でも年金の収入だけでお金を借りることができます。借りた場合に、年金が支給されるタイミングで支払することも可能なので、通常のローンが毎月返済であることに対して、年金貸付の場合だと二カ月に一回の返済でいけるのもいいところです。ただし、この制度での借り入れは、借りる目的を明確にしてないと借りることができません。

 

カードローンやキャッシングなら、借りたお金を何に使っても特に問題はありませんが、年金担保貸付制度は、事前に申請した用途にしか使うことができません。また、旅行や贅沢品を買うことが目的になっているなど、自分に対する投資の目的でお金を借りることもできないので注意しなければなりません。

 

さまざまな用途に使う予定がある場合や、年金担保貸付で借りることができない用途に使いたい場合は、年金の収入でも利用できるカードローンに申し込みすることをおすすめします。みずほ銀行のカードローンだと、年金収入だけでお金を借りることができます。無金利キャンペーンの期間が長い新生銀行でも年金受給者がカードローンに申し込みをして借りることができます。いずれの場合も、ブラックリストに名前が載ってないことや他の金融機関からの借り入れがないことなどが条件です。

 

実際に、年金だけで借りることができるかどうかは事前の簡易審査でもチェックすることができます。また、金融機関が提示している借り入れの条件に仕事をしていることが入っていると、年金だけの収入では借りることができないため注意が必要です。年金は継続して入ってくる安定した収入と見ることができますが、将来的に受給される金額は下がる可能性があるとも言われています。

 

カードローンだと融通は利きませんが、年金担保貸付制度だと返済額を減らすなどの対処をしてもらえるので、将来的なことを考えると年金のために作られたローン制度を利用する方がよいでしょう。

 

学生がお金を借りる方法

 

お金が必要な場合に、学生でも金融機関から借りることができるかどうか気になるところです。学生は、学業が本業であるため、バイトやパートで仕事をしていても正社員としてバリバリ働くことは困難です。そのため、安定した収入を得ていることが借りるための条件であるカードローンやキャッシングを使って借り入れすることはむずかしいように感じます。

 

しかし、実際には学生がローン地獄で借金を抱えたという話しがあるように、学生が金融機関からお金を借りることは可能です。計画性を持って借り入れをすれば有効な使い道ができます。

 

学生がお金を借りる方法の一つとしてあるのが、カードローンを使って借りる方法です。通常なら学生は審査に通過するだけの収入を得てないことが多いのですが、学生は学校を卒業した後は社会人になって安定した収入を得るようになることが想定されます。将来的にも継続してローンサービスを使って欲しいという意味も込めて、少額の貸し付けをしている金融機関は意外と多くあります。この場合、消費者金融だと総量規制の関係からアルバイトやパートをしてない学生にお金を貸し付けることはできません。

 

銀行からの借り入れに制限されます。また、一度に借りることができるのはせいぜい10万円程度であり、それ以上の借り入れには収入も必要になります。まとまったお金が必要な学生にとっては物足りないかもしれませんが、ちょっとしたお金の入り用には十分対応することができます。学生専用のカードローンを利用する方が確実ですが、学生専用のローンの中にはアルバイトやパートをしていることが条件のところもあるので、申し込み条件については確認しておきましょう。

 

学校の授業費など、学業に関するお金が必要な場合は奨学金制度を利用することでお金が借りられることもあります。奨学金制度は学生自身が名義人となって借り入れをしますが、保証人として親の同意が必要です。ちなみに、親に借金があって自己破産をしていたとしても奨学金の場合は学生自身が借りるお金なので、親の経済状態に関係なく借りることができます。

 

また、奨学金制度だとカードローンに比べて金利がかなり低くなっているため、長期の返済が見込まれる借り入れや奨学金で使える範囲のお金の入り用なら、カードローンよりも奨学金を利用する方がおすすめです。学生の借り入れで気をつけないといけないのは、借金地獄に陥りやすいことです。特に、親元を離れて暮らしている学生は頼れる人が周りにいないことで、次々と自分で借金を重ねて、金融機関からの借り入れができなくなると闇金に手を染めてしまう人もいます。何のために借りるのかという目的を明確にすることが借金で失敗しないための心得だと言えるでしょう。

 

ブラックでもお金を借りる方法

金融機関が行なうローンの審査の中には、収入や年齢だけでなく過去の金融トラブルの有無も含まれます。金融トラブルとして多いのは、借りたお金をきちんと返済しなかった場合で、金融機関からの借り入れは信頼関係によって成り立っているので、返済しないということがもっとも信用を落とす行動につながります。金融トラブルがあった場合に、ブラックリストに名前が入っていると新たにお金を借りることがむずかしくなることがあります。

 

ブラックリストは、各金融機関で共有される情報のことで、金融機関の垣根を超えて共有されます。そのため、銀行で金融トラブルを起こしてブラックリストに名前が入った場合に、金融機関のタイプが異なる消費者金融で新たにローンの申し込みをしてもブラックリストに入っていることで借りることができなくなるわけです。借金問題を解決するための任意整理や特定調停、個人再生、自己破産などもブラックリストに名前が載る条件になります。

 

過払い金請求については、金融機関側に過失があるので、ブラックには載りません。ただし、過払い金請求をしたところから借りることは困難です。ブラックリストは公開される情報ではありませんが、過去に債務整理をしたことがある人はブラックになっている可能性があります

 

借りることが極端にむずかしくなるブラックですが、ブラックでもお金を借りる方法はあるのでしょうか。ブラックリストは生涯通して掲載されるものではなく、一定の期間が経過すると自動的にリストから外されます。ブラックではなくなると、審査を受けて借りることができるようになります。しかし、この場合だとブラックリストから除名されるまで待たないといけないことや、いつのタイミングで除名されるか分かりません。インターネットでブラックが借りられると謳っている金融機関もありますが、登録を受けている金融機関ならこのような文言を出しません。

 

ブラックでも借りることができるとアピールしているところは、高い確率で闇金業者であり、借りることができても借金の状態はより深刻になるだけです。収入があるのに審査を受けて落ちる場合はブラックである可能性が高いので、金融機関からの借り入れは諦めて他人から借りるなどの方法を模索しましょう。

 

ちなみに、過去にカードローンやキャッシング、クレジットカードを使って借金をしただけではブラックになりません。むしろ、借りたお金をきちんと返済している過去があるなら、まったくお金を借りたことがない人よりも信用性は高くなります。お金の貸し借りは相互の信用情報によって成り立っています。これまでの借り入れの履歴を振り返ってみて、金融機関にとって安全に科せる人かどうか相対的に判断してみるのもよいでしょう。

 

即日お金を借りたい人には?

お金を借りたい人の中には、今すぐにお金が必要という人もいるでしょう。特に、カードローンやキャッシングのサービスを利用する人の中には、借り入れを急いでいる人が多く、金融機関側も即日カードローンやキャッシングのサービスを提供するところが増えています。即日でお金を借りることができる金融機関は以前に比べるとかなり増えており、早いところだと申し込みをしてから1時間以内で借りられるところもあります。

 

申し込みをしてから借りるまでの時間が短くなってくると、審査のハードルも下がるように感じますが、審査の質に変わりはありません。むしろ、即日での貸し出しは短い時間で精査が必要になるため、審査は厳しくなる場合もあります。また、即日での借り入れに対応していても実際には翌日になるケースもあるので利用の条件を確認しておく必要があります。

 

平日の午前中なら銀行、消費者金融共に即日融資に対応しているところなら、その日のうちにお金が借りられます。しかし、午後や土日になると金融機関によっては営業してないところもあるため、即日で対応してもらえない場合もあります。特に、銀行は営業時間が短いところも多いため、午後からの申し込みは翌営業日になるケースが少なくありません。申し込みをする時間を確認して、その日のうちに借りられるかどうかを確認しておきましょう。

 

また、完済までの期間が短いと予想される場合は金利の高低がそこまで気になりませんが、年単位の返済が予想される場合は少しでも金利の低い金融機関を選ぶことも大切です。金利の負担は後々重たくのしかかります。

 

即日での借り入れをスムーズに行うためには、インターネットからの申し込みを行いましょう。インターネットならどこでもスマホがあれば、簡単に申込みすることが可能で、申し込みが完了したらすぐに審査が行なわれます。審査が終わって借り入れができると判断された場合は、専用のカードが発行されるので、このカードを使って借り入れをします。

 

しかし、カードの渡してもらうことがむずかしい場合は、先に必要な現金が指定された口座に振り込まれ、数日経過してからカードが郵送される場合もあります。即日融資は便利なサービスですが、すぐに借りる必要があるため気持ちの面では焦っていることが少なくありません。

 

慌ててネットでその日に借りることができる金融機関を探して、細かい情報などをチェックせずに申し込みをした先がヤミ金だったというケースもあります。焦っているときほど、しっかり金融機関の情報を確認しておく必要があります。即日融資は便利なサービスですが、一方で計画性を持って借りないとトラブルも起こりやすいので注意しましょう。

 

銀行カードローンで即日融資する場合

即日融資に対応している金融機関は、消費者金融が中心でしたが、最近は銀行でも即日融資に対応するところが増えています。銀行の場合は、カードローンのサービスが即日対応しているローンで、さまざまな用途に使うことのできるローンです。

 

例えば、車を購入するための費用が必要な場合に、マイカーローンではなくカードローンを使ってお金を借りて購入資金に充てることもできます。既存の専用ローンの方が金利は低いなどのメリットがありますが、すぐにお金が必要となる場合は審査から借りるまでに時間がかかるため、カードローンを使う方がスムーズです。

 

銀行の即日融資でお金を借りるメリットに金利の低さがあります。カードローンやキャッシングなど即日対応しているローンの金利は他のローンと比較しても金利がかなり高くなっています。銀行のカードローンも50万円程度までの借り入れなら金利は15%程度かかりますが、消費者金融が18%近いことを考えると、かなりの金利差になります。また、普段から取引のある銀行で口座を開設している場合だと、キャッシュカードにキャッシング機能を付帯させて即日借り入れができることもあります。

 

使っている銀行が地方銀行でも、都市銀行と変わらない金利で借りられます。銀行の場合は、借り入れの上限金額も大きいケースが多く、数百万円を超える借り入れも可能です。総量規制も適用範囲外となるため、収入が少ない人でも即日融資を受けられる可能性もありますが、審査は返済能力が中心になるので収入によってはまとまったお金の借り入れがむずかしいこともあります。

 

銀行は即日審査に対応していても、即日融資に対応してないことが多く、即日という言葉に騙されてしまうことも少なくありません。即日審査をしても借り入れができるのは翌日以降になることも多いため、確実に借りるためには即日融資の可否や条件を確認しておく必要もあります。銀行は審査が厳しく、他の金融機関から借り入れがある場合や収入が少ない場合も借りられないことがあります。保証人や担保などは不要ですが、保証会社の審査も入ることにより、銀行と保証会社のダブル審査になることも審査が厳しい理由の一つです。

 

銀行によって借り入れの条件は異なっており、書類を用意しないとその日に借りられないこともあります。即日で借りるならネットからの申し込みがおすすめで、大手銀行になるとローン契約機が置いているところもあるので、これを使って申し込みをするとスムーズです。書類提出も実際に銀行に持って行くのではなく、ネットを使ってアップロードできるところがほとんどです。すぐに借りるためには、手間をかけない方法で借りられるところを探すこともポイントです。

 

消費者金融で即日融資する場合

すぐにお金を借りる必要がある時に貸してくれる金融機関として消費者金融を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。今でこそ、銀行も即日融資に対応するところが増えていますが、元々は消費者金融が行なっていたサービスです。

 

また、近年は銀行の個人向け融資が好調であることから、消費者金融も即日融資に力を入れているところが多く、よりスムーズな借り入れが可能です。消費者金融の即日融資のサービスを利用する場合は、審査対応時間を確認しておく必要があります。指定されている時間の範囲外となると、申し込みをしても融資を受けられるのが翌日以降になってしまいます。

 

消費者金融で即日融資を受けるためには、申し込みを迅速に行う必要があります。今はネットで簡単に申し込みできるようになっているため、先に申し込みをして審査を受け、後からお金の借り入れに必要となるカードを受け取る方法もあります。大手の消費者金融だと、独自にローン契約機を設置しているところも多く、ローン契約機を利用することで簡単に申込みをしてお金の借り入れに必要となるカードの発行もその場で行うことができます。

 

消費者金融の審査はスピーディーで、早いところだと申し込みをしてから30分後には審査結果が出て借り入れの可否が分かります。消費者金融の場合だと、借りたいお金が50万円を超えると収入証明書の提出が必要です。給料明細書や源泉徴収票など、収入が分かる公的な書類なら何でも問題ありませんが、新しいものであることや簡単には用意することができない場合もあります。せっかく即日融資できる条件が揃っているのに、収入証明書を用意することができずに翌日以降に借り入れが伸びてしまうこともあるので、なるべく早い段階で用意しておきましょう。

 

どうしても、収入証明書をすぐに用意することがむずかしい場合は、借りる金額を50万円未満にすることで書類を用意する必要性が無くなります。借りる金額によらず、身分証明書の提出は必要です。提出方法はアプリを使ってアップロードできるところもあり、この方法だとすぐに提出することができるので借り入れまでの時間を短縮することもできます。

 

消費者金融の即日融資のデメリットとしては、銀行に比べると金利が相対的に高いことが挙げられます。借りたお金をすぐに返せるのであれば問題ありませんが、金利は借りている間ずっとかかってくるものなので、返済が長期になると金利の少しの違いでも支払う金利差は大きくなります。また、消費者金融は法的に年収の3分の1を超えて借りることができません。他の金融機関でキャッシングやクレジットカードの借金がある場合も合算されるため、借りることのできる金額はさらに少なくなってしまいます。

 

クレジットカードのキャッシングで即日融資する場合

クレジットカードは、物を購入する時やサービスを受ける時に必要となるお金をカード決済することで後払いにすることが可能です。ネットでの買い物も便利で、現代人には欠かせないカードと言えるでしょう。後払いにできるのは、クレジットカードを発行している会社が建て替えてくれるわけですが、クレジットカードで買い物することも言い換えるとカード会社からお金を借りていることになります。カードローンやキャッシングなどのサービスを利用しなくても、クレジットカード決済をすることで対応できます。

 

この場合だと、1回や2回払いなら金利もかからないことから、金融機関から借りるよりも金利面で得です。ただし、それ以上の分割になるとキャッシングと同じか、それ以上の金利になるので注意が必要です。また、クレジットカードを保有している場合は、ショッピング枠を使って即日融資も可能です。

 

クレジットカードを使って即日融資を受けるためには、カードを発行していることが前提です。カードの申し込みをして発行してもらうまでには審査を含めて数日程度かかることも多いので、その日に借りることはむずかしくなります。既にショッピングや料金の支払いなどでクレジットカードを使っている場合は、カードを発行している会社に申し込みをすることでクレジットカードにキャッシング機能を付帯してくれます。

 

この場合、借りることのできる金額はショッピング枠になるため、すでに買い物をして枠が残ってない場合は借りることができないので注意が必要です。ショッピング枠を広げることも可能ですが、これも審査を受ける必要があるため即日融資を受けたい人からすると効果的ではありません。

 

クレジットカードを使って即日融資を受けることのデメリットは、総量規制の対象となるため年収によって借りられる金額が制限を受けることです。まとまったお金の借り入れを必要とする場合は、総量規制の影響を受けない銀行一択となってしまいます。また、持っているクレジットカードによっては即日融資が受けられないこともあるので、事前に確認しておく必要もあります。お金を借りる便利な方法になるため、自分で制限しないと必要以上にキャッシングしてしまいます。

 

カード地獄と言う言葉があるように、計画性がないキャッシングはリスクを伴います。クレジットカードの返済方法は、毎月の返済額が変わらないリボルビング方式なので、返済の負担が少ないメリットがあります。しかし、返済額に対して利息が占める割合が大きくなるため、きちんと返済しても元金がなかなか減らず、いつまでも返済が終わらないこともあります。そうならないためにも借りたい金額と毎月の返済額、金利によって計算できる返済シミュレーションのツールを使って、完済できるまでの道のりを調べておきましょう。

 

無利息でお金を借りる方法はあるの?

銀行や消費者金融、信販会社などからお金を借りる場合は、借りた金額に対して一定の金利が付帯されます。被債務者は、お金を借りる代わりに金利を金融機関に支払っています。設定されている金利は、ローンのタイプによって異なり、住宅ローンやマイカーローンのように借り入れる金額が大きいローンや目的が明確になっているローンは金利が相対的に低く、フリーローンやカードローンなどあらゆる用途に使うことのできるローンは金利が高めです。

 

いずれの場合も無金利で借りるということは非現実的であり、金融機関も金利を取らないと運営が成り立ちません。

 

しかし、カードローンやキャッシングを利用する場合に本来なら高金利であるにも関わらず、無金利で借りられるケースもあります。その方法としてあるのが、無金利キャンペーンの利用です。これはお金を借りてから一定の期間であれば無金利で借りることができるもので、1ヶ月から半年まで無金利期間が設定されている場合もあります。この期間中であれば、借りているお金に対して金利がかからないので、借りた分だけを返済すればいいだけです。これだと金融機関は成り立たないと思うかもしれませんが、実際は無金利期間を超えても借り入れしている状態の人が多くいます。

 

そもそも金融機関が無金利キャンペーンを行っているのは、利用者を増やすことが目的です。他のローンと違って取引するカードを持っている限り、いつでも借りることができるので、無金利期間で完済できても、その後に再び借りることも想定されます。継続的に使ってくれることを見通してキャンペーンを実施しているわけです。

 

無金利キャンペーンはカードローンやキャッシング利用を促すために行なわれているということを分かっていれば、あらかじめ無金利期間だけで借りて返済する計画を立てることもできるでしょう。普通預金の口座から預金を引き出す場合に、土日や祝日だと自分のお金を取り出すだけでもお金がかかります。しかし、無金利のカードローンやキャッシングなら手数料無料のところも多く、預金口座から引き出すよりもお得なことがあります。また、金融機関によっては金利をゼロにするのではなく、一定の期間で発生した金利をキャッシュバックという形で返してもらい、トータルで金利をゼロにするところもあります。

 

また、カードローンやキャッシング以外だと、家電量販店で家電を買った時に分割払いで無金利にしてくれる場合や、中古車や中古バイクショップで買い物をした場合、ネットショップで高額な買い物をした場合に無金利で分割にしてくれる場合もあります。このように、お金の借り入れが目的ではなく、物やサービスを受けるためにお金がかかる場合に、お店の人との間で信頼関係が出来ていると分割を無金利で対応してくれることもあるので、少しでも負担の少ない方法で考えましょう。

 

大口融資でお金を借りるなら

お金を借りる必要が出た場合に、数万円から数十万円であれば、その日のうちに貸してくれる金融機関は多くあります。しかし、数百万円を超える大口融資になると貸してくれる金融機関は限られます。
数百万円を超える借り入れが必要になった場合に、学校に行くための費用なら学資ローン、車を買うための費用ならマイカーローンのように専用ローンを使って借りる方法もありますが、専用ローンにはない使い道の場合だとフリーローンを使って借りる必要が出てきます。また、審査のハードルの違いから目的ローンをフリーローンに代替して大口融資が必要になるケースもあります。

 

大手消費者金融の中にも500万円を超える借り入れができるところがあります。しかし、この場合だと総量規制がかかることから500万円の借り入れをするためには年収が1500万円以上ある必要があります。条件を満たしていれば大口融資を受けることが可能ですが、収入に応じて借りられる金額が決まっているため、希望額通りのお金を借りられないこともあります。大口融資を受けようとする場合に、総量規制の範囲外の借り入れになる場合は、総量規制が適用されない銀行から大口融資を受ける必要があります。

 

メガバンクのみずほ銀行なら、カードローンの利用で最大1000万円借りることができます。預金口座をあらかじめ作っていれば、審査のスピードも速く、書類の提出なども不要になります。みずほ銀行だと規模が大きいため、大口融資を受けられると思うかもしれませんが、ネット銀行である楽天銀行でも800万円の借り入れが可能です。楽天銀行の場合は会員になっていれば、即日審査を受けることも可能です。また、ネットで申し込みから借り入れまで完結するため手間がかからないのも魅力です。

 

カードローンで借りられる金額の上限は増えており、地方銀行でも800万円近い借り入れができるところは多くあります。ちなみに銀行のカードローンだと、消費者金融のように50万円を超える借り入れになると収入証明書の提出が必要という法的な規制はありません。しかし、ほとんどの銀行が一定の借り入れの額を超えると収入証明書の提出を義務付けています。中には、300万円までの借り入れの額なら収入証明書の提出を不要としているところもありますが、多くのところは100万円を超える借り入れになると収入証明書を必要とします。

 

すぐに借りたい人にとって、収入証明書を用意するのは結構な手間に感じます。書類の提出そのものは、ネットを使って画像データでアップロードすることで可能なところもありますが、源泉徴収票のように公的な書類が必要です。

 

また、総量規制が適用されないからと言って少ない収入で大口融資が受けられるわけではありません。銀行の審査は収入に応じた返済の可否を重んじるため、まとまったお金を返せるだけの根拠が必要です。各銀行には借り入れ診断のツールがネット上で公開されているため、自分の収入に応じて希望する金額のお金の借り入れができるか、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

 

ビジネスローンでお金を借りるケース

銀行が提供しているカードローンや、消費者金融が提供しているキャッシングのサービスは、自由性の高いローンですが、金融機関によっては事業性の資金として使うことを禁止しています。実際のところ、カードローンやキャッシングで借りたお金をどのような用途に使っても金融機関に調べられることはありません。借りたお金を事業のために使っても罰則を受けるようなことはほとんどないでしょう。しかし、それでも事業性の資金に使うことができないようにしているのは、カードローンやキャッシングよりも条件のよいビジネスローンの利用を促していることが理由の一つとしてあります。

 

ビジネスローンもカードローンやキャッシングと同じように、無担保、無保証人でお金を借りることができます。しかも、年収の3分の1を超えて借りることができない総量規制のルールも適用範囲外となるため、事業を始めて少ない収入の状況でも借りられる可能性があります。ビジネスローンも即日対応しているところがあるので、急な出費が必要になった場合でも安心です。

 

ビジネスローンはアコムやプロミス、SMBCモビットなど大手の消費者金融でも提供しており、キャッシング並みのスピード感で対応してくれます。また、さまざまな借り入れ方法に対応しており、対応しているATMで引き出すことができることや必要な資金を指定の口座に振り込んでもらうことも可能です。

 

ビジネスローンで気をつけないといけないのは、金利の高さです。カードローンやキャッシングと同等の金利がかかります。純粋に新規事業の為の資金が必要なのであれば、低金利で借りることができる商業組合のローンなど、公的な事業性ローンを利用した方がお得です。ただし、公的なローンは審査が厳しいことや申し込みをしてから借りられるまでの時間が長いなどのデメリットもあるため、ちょっとした支払いなら手軽に借りられるビジネスローンの方がよいでしょう。お金を使う用途や緊急性などに応じて、利用するビジネスローンを選んでいきましょう。

 

ビジネスローンを選ぶ際のチェックポイントとして、まずは正規の金融機関であるかどうかを確認することです。特に緊急性を要する借り入れの場合は、借り入れの条件が緩いところを探しがちです。十分に金融機関の情報を調べないで悪質な業者から借りてしまうことも少なくありません。業者の見極め方は、賃金業者や銀行としての登録の有無を調べることです。

 

正規の金融機関ならwebページに振り当てられている金融機関の登録番号を掲載しているので、これをネットで検索すると金融機関の情報が出てきます。また、借りることのできる上限額も金融機関によって大きな差があるため、必要としている資金に対して借り入れ上限金額が収まっているのかも確認しておきましょう。

 

低金利でお金を借りたいなら

 

完済までの期間が長い場合や未確定な場合は、少しの金利差でもトータルで支払う金利には大きな差が生じます。特に、さまざまな用途に使うことのできるカードローンやキャッシングは目的ローンと比べて金利の高さが突出しています。便利なローンである反面、保証人や担保などが不要であることなどから金利の高さはネックです。ローンを組む場合は、少しでも金利の低いローンがおすすめです。

 

カードローンは、他のローンと違って借りている金額に応じて金利が変動します。借り入れている額が大きいほど金利は下がりますが、金利を乗じる元本も多いので支払う金額で見ると借りている金額に比例して多くなります。気をつける点としては、金融機関が大々的にアピールしている金利は、最高借入額時の金利であることが多い点です。

 

500万円の借り入れなら金利は5%以下のところがほとんどですが、100万円以下の借り入れだと金利は15%前後です。実際に、カードローンを使ってお金を借りる人は少額融資を望む人が多いので、500万円の借り入れ時の金利はまったく参考になりません。大切なのは、借りる予定の金額に対して、どれだけの金利が付帯されるかです。

 

どちらにしても返済を続けていると借り入れている額も減ってくるため、最高金利での返済は必要になってきます。金融機関が提示している最低金利ではなく、最高金利を比較することが金利の低いローンを利用するためのコツです。

 

また、銀行と消費者金融、信販会社を比較すると、消費者金融と信販会社の金利が同等で、銀行は一回り金利が低めになっています。りそな銀行では最大金利が12.475%、住信SBIネット銀行のプレミアムコースだと最大金利が7.99%で借りられます。ただし、金利が高くても無金利キャンペーンなどのサービスがある場合に、完済までの期間が短い場合だと相対的に支払う金利は下がります。返済期間や無金利キャンペーンの有無なども低金利ローンを選ぶ判断材料の一つにしましょう。

 

借り入れの目的が明確になっているなら、カードローンやキャッシングではなく専用の目的ローンを利用した方が金利面ではお得です。この場合は、完済までに金利が変動しないことや追加融資で債務が増えることもほとんどないので、お金の管理もしやすくなります。また、金融機関では多目的ローンやフリーローンという名前でさまざまな用途に利用できるローンを提供しています。このローンも目的ローンと同じように低金利で、完済までの金利も一律です。

 

審査が厳しいことや時間がかかるなどのデメリットもありますが、すぐに借り入れが必要でないなら検討してみる余地もあるでしょう。低金利のメリットは、借り入れの期間が長くなるほど高くなります。逆に言えば、借りたお金を1カ月程度で返せるなら、低金利にこだわりを持つよりもサービス面を重視した方がよいでしょう。

 

他にも債務があり「おまとめ」したい人には

 

お金を借りたい場合に、他の金融機関から借りている人も中にはいるかもしれません。カードローンやキャッシング、クレジットカード払いを利用している金融機関が複数になることを多重債務と言います。お金を借りる場合は、借りている金額に応じて毎月返済しないといけない約定返済額があります。

 

100万円までの借り入れなら約定返済額は2万円程度のところが多いですが、1カ所の金融機関で100万円を借りているのと、2カ所の金融機関を利用して50万円ずつ借りているのでは、毎月に返済しなければならない金額に差が出ます。

 

また、これらの金融サービスは金利が高く、約定返済額をしっかり返済していても元金の返済より金利の返済の割合の方が多く、いつまでも借金が完済できない状態になることも少なくありません。

 

複数の借り入れ先がある場合に、借金整理をするためにおまとめローンの利用があります。おまとめローンは抱えている借金の総額と同じだけの額を金利の低い金融機関から借りて、借り入れ先を一本化する方法です。専用のおまとめローンとしてサービスを提供している金融機関もありますが、まとまったお金の借り入れができる銀行の低金利カードローンを代替ローンとして使うこともできます。

 

おまとめローンを利用することで、借金の返済がスムーズになるだけでなく、返済忘れなども防ぐことができます。通常のローンだと、他の金融機関からお金を借りていることが審査のマイナスポイントになりますが、借金をまとめることが目的で融資を受けるなら、借り入れ先がいくつかあっても借りられます。

 

気をつける点は、おまとめローンを使って毎月の返済額を減らすことができても、完済までの期間は反対に伸びてしまう場合があります。特に、既存の借金に対しての金利とおまとめローンの金利の差が小さい場合は注意が必要です。完済までの期間が後ろに伸びるということは、それだけトータルで支払う金利も増えます。また、おまとめローンで借金をすべて返済すると、貸していた金融機関にとっては貸したお金を返してくれる優良な被債務者だと判断します。さらなる借り入れを促してくるため、ついつい借りてしまわないように気をつけましょう。

 

複数の借り入れ先がある人の中には、債務整理を考えている人もいるかもしれません。

 

債務整理を行うことで借金の苦しさからは解放されますが、ブラックリストに載ることや財産の没収などのペナルティがあることを考えると、できるだけ最後の手段として取っておきたいものです。

 

おまとめローンは、あくまでローンを利用するだけなので、借金をまとめたところでブラックリストに名前が載ることもなければ、他のペナルティを受けることもありません。借金の返済がきついと感じる場合は、借金をまとめるということを選択肢の一つとして考えておきましょう。

 

人気が高いカードローンに申し込むメリット・デメリット

カードローンのサービス内容は、各金融機関によって異なります。申し込みから借り入れまですべてをネットで完結しているところもあれば、書類は窓口や郵送で提出するところもあります。また、お金を借りる人にとって重要な金利も金融機関による差が大きくあります。

 

今はネットを使って支店が地元にない都市銀行のカードローンに申し込みすることが可能で、以前よりも利用するカードローンの選択肢は広がっています。それだけ、カードローンを比較して選びやすくなったことから、人気のカードローンとそうでないカードローンの差も大きくなります。借りるなら、人気のカードローンが良いというのが本音だと思います。

 

人気のカードローンを利用するメリットの一つに、信頼して借りられることがあります。個人向けの小口融資が好調なことから、悪質な業者が偽金融機関として法外な金利で貸し付けるような事例があります。情報が少ない金融機関を利用する場合は、特に注意が必要です。しかし、人気のカードローンなら情報も多いので偽物かどうかを疑う必要がありません。また、人気のカードローンは総じて金利が低いことも多いため、少ない金利負担で借りられるのもメリットと言えるでしょう。

 

人気の度合いについては、カードローンの人気ランキングを調べることで分かります。しかし、人気の理由については金利が低いことか、即日融資が受けられること、それともweb完結に対応しているなどさまざまです。借りたお金を次の給料日で全額返済できるなら、低金利のローンにこだわる必要はありませんし、お金が必要となるタイミングがしばらく先なら即日融資にこだわる必要もありません。何が人気のカードローンなのかということを調べておきましょう。

 

人気のカードローンは、利用者がそれだけ多いことを示しているので、金融機関としては審査を厳しくてきちんと返済できる人かそうでない人をふるいにかけやすくなっています。要するに、人気のカードローンは審査が厳しいところが多く、安定した収入を得ていることが条件なのはもちろんのこと、就業年数なども詳しくチェックされることがあります。

 

自分の信用情報に自信があるなら問題はありませんが、他の金融機関から借りている場合や過去に返済できなかった場合は、申し込みをしても借りることができない可能性もあります。また、人気のカードローンだからと言って付加価値がついてくるようなことはありません。人気だけでなく、借りたい目的に応じた借り入れができるかどうかも、カードローン選びの判断材料にしましょう。

 

1万円からお金を借りるための豆知識

1万円のお金が必要な場合に、どのような方法で借りるのがベストでしょうか。少額なので知人から借りるという人もいるかもしれませんが、1万円でも個人のやりとりはトラブルの元です。少額からお金を借りることができる金融機関を選んでローンの申し込みをする方法がトラブルのリスクも小さくおすすめです。

 

ちなみに、1万円の借り入れをする場合と100万円の借り入れをする場合では、金融機関を選ぶポイントも大きく変わります。

 

消費者金融だと50万円の借り入れを超えると収入証明書が必要なので、書類の用意に手間を感じて銀行のカードローンを利用する人もいます。しかし、1万円の借り入れなら消費者金融も銀行も身分証明書が必要なだけで、それ以外に必要な書類はありません。借りるまでの手間は、どちらも同じくらいです。また、お金を借りる場合はとにかく低金利の方が良いというのが一般的です。

 

実際に1万円の借り入れの場合にかかる金利を計算してみると、もっとも高い金利である18%だと月にかかる金利は147円です。カードローンで比較的低いと言われている15%の金利だと月にかかる金利は123円です。仮に1万円の返済が3カ月かかったとしても、100円に満たない差です。

 

確かに、借りている金額が大きくなると低金利の方がよいですが、少額の借り入れなら金利差はそこまで気になりません。3カ月なら無金利キャンペーンの適用範囲の金融機関もあるため、金利の支払いが気になるなら金利の高低よりも無金利キャンペーンの有無を重視して金融機関選びすることをおすすめします。

 

1万円のお金を借りたい場合に、1万円から借りることのできるカードローンやキャッシングは多くあります。そもそも、これらのサービスは上限金額があらかじめ定められており、その範囲なら何円からでもお金を借りることができる仕組みです。

 

例えば、10万円の上限金額に設定されていても、すべてのお金を借りる必要はなく、1000円だけ借りることも1万円だけ借りることもできるのです。カードローンやキャッシングの申し込みをする場合は、借りたい希望金額も伝えます。1万円だけ借りたいという場合は、借り入れ最小金額になるため、多めで借り入れの希望額を提示するよりも審査のハードルは下がります

 

気をつけないといけないのは、少額だからと言ってすぐに借りられる闇金に手を出さないことです。闇金は違法金利の貸し付けだけでなく、どうにかしてお金を借りてもらおうとしつこく迫ります。少額でも正規の金融機関で借りましょう。

 

100万円お金を借りるための豆知識

お金を借りる目的にはいろいろあります。少額の借り入れならカードローンやキャッシングでカバーすることが可能です。しかし、100万円の借り入れになってくるとハードルは上がります。まず、100万円借りるためには300万円の年収を必要とします。総量規制が適用されるからですが、銀行だと適用範囲外となるため必ずしも年収が300万円必要というわけではありません。しかし、銀行は元々審査の厳しい金融機関です。貸したお金が戻ってこないことだけは避けたいので、総量規制の範囲外であっても実際に借りられるお金は総量規制の範囲内である場合がほとんどです。

 

100万円を借りるために、消費者金融だと収入証明を必ず用意しなければなりません。

 

法律で50万円以上の借り入れに対して収入証明書の提出を義務付けているためです。銀行の場合だと、収入証明書の提出の必要性はありませんが、それぞれの銀行で独自に規定しています。多くの銀行は100万円から収入証明書を用意しなければならないので、100万円の借り入れをするなら消費者金融、銀行ともに書類の用意は必要です。

 

ただし、銀行によっては200万円からの借り入れや300万円からの借り入れから収入証明書が必要になっているところもあるので、書類を用意する余裕がない場合は収入証明書が必要となる借り入れの金額についても確認しておきましょう。

 

100万円借りる目的によっては専用のローンが用意されている場合もあります。専用ローンだと審査に時間がかかる一方で、金利が低いことや総量規制の影響を受けることなくお金を借りることが可能です。

 

例えば、借りた100万円をリフォームに使うのであればカードローンやキャッシングではなく、リフォーム専用ローンを利用した方がお得です。

 

金融機関によって取り扱っている専用ローンの種類は変わりますが、さまざまな種類のローンがあるので使い道に該当するローンの対応の有無を調べておくとよいでしょう。

 

100万円の借り入れになると金利が無視できなくなります。特に約定返済額の返済しかできない場合だと、返済額に占める金利の割合はかなり大きくなるので、返済は10年以上に及ぶ可能性もあります。当然ながら、毎月返済する金利の少しの差でも10年経てば大きな差になります。少額の借り入れなら金利が1%変わるぐらいで影響はほとんどありませんが、100万円の借り入れなら金利1%の差はとても大切です。一定の期間中無金利になるキャンペーンを行っているところもありますが、100万円の借り入れに対してはほとんど無意味だと言えるでしょう。

 

【番外編】もしも海外でお金を借りなければならなくなったら?

お金を借りる必要がある場合に、国内であれば金融機関にローンの申し込みをすることで借りることができます。最悪の場合でも、知人や家族、友人などに頼って借りることもできるでしょう。しかし、海外で現金が必要になった場合は国内のようにスムーズに問題解決を図るのはむずかしくなります。海外でお金が必要になった場合は、どのように対応したらよいのでしょうか?

 

クレジットカードを持っていれば、そのカードを使って海外でキャッシングをしてお金を借りられます。もちろん国内で発行したクレジットカードを使ってキャッシングすることが可能ですが、利用方法についてはカードの裏面に記載されている文字と同じステッカーが貼られているATMを利用するだけです。カードを挿入すると言語の選択があるので、分かる言語に設定して後は借りたい金額を入力するだけで、現地の通貨が借りられます。

 

気をつけないといけないのは、クレジットカードにキャッシング枠がないと利用できないことです。キャッシング枠は必要性がないという理由だけでつけてない人が多く、申請すれば信用情報がよほど悪くない限り、付帯してもらうことができます。申し込みについてもネットから申請することができるので、海外に行く前にはクレジットカードのキャッシング枠をつけておくことを忘れないようにしましょう。

 

海外のATMも国内と同じようにショッピングセンターや空港、駅などに設置されていますが、人が少ないところだとATMの数が少ないため、なかなか見つからない可能性があります。海外のATMを使ってお金の引き出しをする場合も、国内のATMを使って預金を引き出す感じで問題ありませんが、普通預金と違ってATMから出てくるお金は借りているお金であり、返済する義務のあるお金です。

 

借りている期間に応じて金利が付帯されるのは、海外でも同じですが、クレジットカードは現地のお金が出てくるため、日本円を海外のお金に両替するための手数料がかかりません。借りている期間によっては両替をするよりもキャッシングしてお金の借り入れをする方がお得なケースもあります。

 

クレジットカードを持ってない場合は、郵便局送金を行う方法があります。昔からある方法で、国内の郵便局から為替証書を送ってもらう方法です。この方法だと、国内から現地までに郵送される時間がかかることや、すべての国で日本のように配送網が発達しているわけではないため、治安が悪いところや配送網が充実してないところだと、郵便局から送ってもらった郵便物そのものが届かない場合もあります。また、パスポートを使って借りることもできます。

 

この場合は銀行に行ってパスポートを提示するのですが、パスポート番号が口座となり、名義人はパスポートに記載されている本人の名前です。申し込みをしてから数日程度の日数はかかるので、すぐにお金が必要な人にとってはあまり現実的ではありません。お金が無くなった理由が事件性のあるものなら、日本大使館に相談することもおすすめです。お金を借りられるとは限りませんが、その時の状況に応じた最善策を提示してもらえます。

 

お金を借りる前に決めておくべき事まとめ

お金を借りる場合は、最初にどれくらい借りるかということを明確にしましょう。

 

特にカードローンやキャッシングの利用をする場合は、借り入れの上限金額内なら制限なく借りることができるので、計画性を持った借り入れをしないと借金ばかりが増えてしまうことになります。

 

カードローンやキャッシングはさまざまな用途に使うことができるローンなので、生活の大きな助けになってくれる金融サービスですが、必要以上の借り入れをすることで債務整理に追い込まれるケースは少なくありません。

 

また、お金が必要な理由によっては専用のローンが金融サービスとして提供されていることもあります。目的ローンの方が、金利が低いことや総量規制の適用範囲外になるなどメリットも多くあります。

 

借りる目的や利用したいローンが決まった後は、具体的に完済できるまでの流れを把握しましょう。借りる金額が多くなるほど、返済は長期になることが多くなります。また、目的ローンなら毎月決まったお金を返すだけですが、カードローンやキャッシングになると借りている金額によって必要な返済額は異なります。借入残高が少なくなるほど返済額は小さくなるため、金利を含めた計算はむずかしいです。

 

このような場合は、返済シミュレーションのツールを利用するとよいでしょう。インターネット上に公開されており、利用する金融機関によっては独自で返済シミュレーションのツールをwebページに設置しているところもあります。

 

使い方としては、借りたい金額や金利、返済期間、毎月の返済額などを入力することで完済までの期間や毎月の理想の返済額を知ることができます。

 

返済をする場合に気をつけるのは、無理をしないことです。すぐに完済することができれば、支払う金利が少なくなりますが、ある程度の余裕を持っておかないと急にお金が必要になった場合に新たに借り入れをしなければならなくなります。一回や二回ならいいですが、何度も同じようなことが繰り返されると必ず返済するという強い気持ちが失われてしまいます。

 

カードローンやキャッシングは毎月の約定返済を行っていれば、それ以外のタイミングでいつでも自由に入金して繰り上げ返済することができます。他のローンだと繰り上げ返済に手数料がかかるため、手数料がかからない繰り上げ返済は魅力です。カードローンやキャッシングは金利が高いため、約定返済通りに返済してもなかなか元本は減りません。お金を借りる前に、ボーナス月はプラスで3万円返すなどルールを決めておくとよいかもしれません。

 

最後に、今から借りようとしているお金は本当に必要かどうかもう一度考えてみましょう。カードローンやキャッシングは便利なローンですが、言い方を変えると借金するわけです。借金をすると完済するまできちんとお金の管理をしないといけないわけで、心の休まる時がありません。

 

また、新たにローンを利用してお金の借り入れが必要になった場合に、借金をしていることで本当に必要なお金の借り入れができなくなる可能性もあります。何のために借りるのか、借りることによって起こる弊害についても考えておきましょう。