困ったときに便利!クレジットカードでお金を借りる方法

私たちが利用しているクレジットカードは、主に買い物などの支払い時に利用している人が多くいるでしょう。しかし、実はお金を借りる事も可能なのです。

 

手持ちのお金が無く困った場合、キャッシング枠を設けていれば、すぐにお金を引き出す事ができ、非常に便利なのです。しかも、嬉しい事に国内外問わずにどこのATMでもお金を引き出す事ができます。

 

今回、クレジットカードの基本的な利用方法や返済方法、キャッシング枠とショッピング枠の特徴などについて、ご説明します。

 

クレジットカードでお金を借りる方法

急にお金が必要になった場合、現金が無くて困った経験がある人はたくさんいるのではないでしょうか。いつお金が必要になるのか、ある程度予測できると良いのですが、現実的に全て予測すると言うのは、無理でしょう。しかしそんな時、お金をすぐさま借りられる状況が整っていたら、非常に助かります

 

クレジットカードもその一例です。クレジットカードと言えば、買い物時の支払いで利用する人も多いのではないでしょうか。特に、ネットショッピングなどで利用する人が多い事でしょう。便利に買い物に利用できるカードとして、無くてはならないカードであります。しかし、買い物の支払いだけでなく、クレジットカードでお金を借りられる事ができたら、より便利な事でしょう。

 

果たしてクレジットカードでお金を借りる事はできるのか、もしお金を借りられるとすればどんな風に使えるのか、またその使用方法も気になります。今回、お金に困った時に心強い、クレジットカードの便利なサービスについて、ご紹介していきます。

 

クレジットカードでお金が借りられるって知ってた?

クレジットカードはショッピングなど、お金を支払う時に提示する事で、支払いを済ませる事ができる非常に便利なカードです。

 

クレジットカードの仕組みは後払いになっており、契約しているカード会社が買い物をしたお店に一旦お金を立て替えてくれ、その後、カード会社が利用者に代金を請求すると言う流れになっています。

 

支払い方法は

  • 一括支払い
  • 分割払い
  • ボーナス払い
  • リボ払い

などがあり、この中から支払い方法を選択します。

 

それぞれのクレジット会社による独自のポイント制度などのサービスがあり、中には、買い物をするお店によってクレジットカードを使い分けていると言う上級者もいます。

 

クレジットカードは買い物をする際に利用すると言った人がほとんどですが、もしクレジットカードでお金を借りる事ができたら、とても便利な事でしょう。

 

結論から言うと、クレジットカードでお金を借りる事は可能です。申し込みの際、またはカード発行後に、お金を借りる為のキャッシング枠と言う機能を設ける事ができます

 

買い物の際に利用するショッピング枠と、お金借りる事ができるキャッシング枠という2つの枠が付いているのが、クレジットカードの大きな特徴です。

 

キャッシング枠はみんなにあるもの?

クレジットカードでお金借りる機能として付帯しているキャッシング枠ですが、このキャッシング枠はほとんどの場合、クレジットカードを申し込む際にキャッシング枠を設けるかどうかを選択します。キャッシング枠を選択すると、発行されたクレジットカードでキャッシングができる事になります。

 

もし、申し込みの際にキャッシング機能を選択しなかったとしても、後からキャッシング枠を付ける事ができます。契約の変更は、インターネット上で行う事も可能なカード会社もあるようです。

 

急にお金が必要になる場面やケースは意外と多くあります。そのような場面でもしお金が用意できなかったら、非常に困ります。ですから、クレジットカードを申し込む際は、念の為、キャッシング枠を作っておく事をおすすめします。

 

ショッピング枠とキャッシング枠は一緒?

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の仕組みをきちんと理解していないと、いざお金を借りようと思った時に使えないなど、慌ててしまう事もあるかもしれません。

 

そういった事態にならないように、予めその仕組みを知っておく必要があります。

 

わかりやすいように例を挙げて説明します。

 

ショッピング枠が30万円、キャッシング枠が10万円の場合、ショッピングで25万円利用した場合は、キャッシングでお金を借りられるのは5万円までになります。また、キャッシングで10万円お金を借りた場合は、ショッピングで買い物できるのは20万円までとなります。

 

つまり、ショッピング枠の30万円の中に、キャッシング枠の10万円が含まれていると言うわけです。ですから、もしショッピングで30万円使ってしまった場合は、キャッシング枠は0円となり、1円もお金を借りられなくなってしまうのです。

 

キャッシング枠でお金を借りた場合、金利が発生します

クレジットカードの最大のメリットは、その場でお金が無くても、後払いで買い物ができる事です。特にお得なのは、一括払いにしてしまえば、金利が一切発生しないと言う事です。現金で支払いをするのと同じ状況と言うわけです。

 

ところが、キャッシングの場合はショッピングとは異なります。例えば1万円を借りたとして、翌月に一括払いで返済をしたとしても、必ず利息が発生します。いくらお金を借りようとも、一括払いであろうと分割払いであろうと、キャッシングの場合は必ず金利も支払わなくてはいけません。

 

クレジットカードのキャッシングでは、日割りで利息が計算される為、必ず利息が発生すると覚えておきましょう。

 

キャッシング枠の申し込み方法

クレジットカードでお金を借りる事ができるキャッシング枠の申し込み方法ですが、クレジットカードを発行する手続きの際に記入する必要事項の欄に、キャッシング枠の申し込み欄がありますので、そちらに記入して申し込みを行います。ショッピング枠だけ申し込むのであれば、記入やチェックは要りません。

 

過去に、クレジット関連やキャッシング関連で支払いの遅延などと言ったトラブルなどが無い限り、キャッシュ枠の審査が厳しくなると言った事はあまりありません。人生で初めてクレジットカードを発行すると言った人は、当然過去に遅延などのトラブルが発生していませんから、カード発行もキャッシング枠の申し込みもスムーズに手続きが行われます。

 

しかし、これまでクレジットカードを利用していて支払いなどのトラブルも無いのにキャッシング枠の審査に通らなかったと言う事例も、稀にあります。この理由としては、様々な原因が考えら、一概にこれと言いきれるものはありませんが、例えば現在持っているクレジットカードのキャッシング枠の利用合計が、年収の半分以上であると、新たにキャッシング枠の申し込みをするのが難しいと言われています。

 

しかし、クレジットカードで年収の半分以上を使用すると言った人はほとんどいないでしょうから、あまり心配しなくて良いかもしれません。その他にキャッシング枠の審査が厳しくなる場合は、マイホームローンを組んでいる場合です。マイホームローンを組んだばっかり、もしくはローン残高がまだ多く残っている場合は、キャッシング枠の審査が厳しくなるケースがあります。

 

どのようなケースの場合、審査が厳しくなるのか公表されているわけではありませんが、支払い能力がある、この人ならお金を貸しても大丈夫と信頼されるであれば、キャッシング枠の審査に対し、必要以上に心配しなくても良いでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠を増額することはできるの?

持っているクレジットカードに、既にキャッシング枠が設けられている場合、利用しているうちにもしかしたらキャッシング枠の利用限度額では足りなくなる事も出てくるかもしれません。もし災害が起きた場合、もちろん災害などは予測できませんからいつ自分がそういった状況に陥るか、誰にもわかりません。お金が必要になってからではもう遅いですから、今のうちに備えておく方が良いかもしれません。

 

クレジット会社によって、キャッシング枠の申し込み方法は様々です。また、こちらから改めて申し込みをしなくても、自動的にキャッシング枠の利用限度額が増額される事もあります。もちろん、こちらから希望額を申し入れて増額する事もできますので、自分が利用しているカード会社に申し込んでください。

 

自ら増額を申し入れる方法として、

  • インターネットの公式サイトから申し込む
  • コールセンターなどへ電話を掛けて申し込む方法

もあります。

 

因みに、利用限度額が50万円を超える場合は、源泉徴収票や給与明細書などの収入証明書が必要となりますので、その場合は、予め収入証明書を用意しておきましょう。

 

コンビニのATMでも利用可能

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りたい時、一体どこからどうやって借りればよいのかわからない人も少なくありません。ここでは、その手段について、ご説明します。

 

通常では、提携ATMからお金を借りる事ができます。銀行や郵便局、コンビニに設置されているATMなどで、お金を引き出す事が可能となっています。鍵となるのは、そのクレジット会社が提携しているATMかどうかです。

 

いざと言う時、どこのATMからお金を引き出せるのかわからず土壇場になって慌てないように、自分が利用しているクレジットカード会社がどこのATMと提携しているのか、それぞれのATMと、どこのクレジット会社が提携しているのか、事前に調べておくと良いでしょう。

 

因みにATMによって、またクレジット会社によっては、数分から数十分のメンテナンス時間が設けられていて、その時間はATMが使用できない事があります。そちらの確認も合わせてしておくと良いでしょう。

 

クレジットカードでお金を借りた時の返済方法を知っておきたい

お金を借りるからには、当然返済をしなければなりません。これは当たり前の事ですが、クレジットカードでキャッシングを利用した場合の返済方法について、ご説明しましょう。

 

クレジットカード会社が発行するカードでキャッシングを行うわけですが、返済方法はクレジットカードを利用して買い物をした時と同じです。

 

毎月指定された日時に、口座から引き落としされます。

 

わざわざどこかのATMに出向いて返済すると言う手間はかかりませんので、予め支払う金額を口座に振り込んでおけば良いのです。

 

因みに返済方法についてですが、

  • 一括払い
  • リボルビング払い

のどちらかを選びます。

 

一括払いとはその名の通り、1回で支払う方法です。リボルビング払いとは、利用した金額によって支払金額が、あらかじめ決められている返済方式となっています。

 

いくらまで借りたら毎月いくら返済すると決まっているので、キャッシング枠のリボルビングがいくらに設定されているのか、こちらも事前に確認しておきましょう。

 

クレジットカードのキャッシングはいざという時に使いましょう!

どうしてもすぐにお金が必要になってしまった、今日中にお金を用意したいとなどと言った場合、簡単にその日の内にお金を借りられるところとして、消費者金融が思い浮かぶ事でしょう。しかし万が一審査に時間が掛かり、即日融資してもらえなくて、審査に通らなかった場合、お金を用意する事ができなくなってしまいます。

 

そのような場合、クレジットカードにキャッシング枠を設けていれば、そのような困った事態にもすぐさま対応でき、いつでも好きな時にお金を借りる事ができます。これは非常に便利な事であり、大きなメリットとも言えます。冠婚葬祭などは、特にまとまったお金が必要になりますので、是非、クレジットカードにキャッシング枠を設けておくと良いでしょう。

 

しかし、いつでもお金を借りられるからと、支払い能力以上にどんどんお金を借りてしまう恐れもあります。後々の返済に苦しむ事にもなりますし、使いすぎて、いざと言う時借りるお金が無いと言った事態に陥る場合もあります。

 

クレジットカードは特にこれと言ったデメリットはありませんが、しいて言えば、このように使いすぎてしまう事ではないでしょうか。

 

キャッシング枠はいざと言う時の為の備えの一つとして理解し、利用する際は使いすぎないように気を付けましょう。

 

キャッシング枠を利用するときの注意点

お金を借りる際は、困った時に借りる事ができるのか、きちんと返済をしていけるのかなど、計画的に考えて借りなければいけません。ここでは、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りた場合の注意点についてご説明します。

 

場合によってはクレジットカードのキャッシング枠が作れない事があります。総量規制に引っ掛かってしまって、過去に遅延実績があった場合、キャッシングの審査に通らない事があります。次に、キャッシング枠を利用すれば、その分ショッピング枠で借りられる金額が減ると言う事です。

 

これは先程も説明した通り、ショッピング枠内にキャッシングで借りられる金額も含まれているからです。逆に、ショッピング枠で名一杯借りてしまうと、キャッシング枠でお金を借りられなくなります。その他、日割りで金利が発生する事、返済方式をリボルビングにした場合、利息が多くなる事も挙げられます。

 

キャッシングを利用する際は、こういった事を踏まえてから利用しましょう。利用する人の心掛け次第で、賢く利用すればとても便利なカードであります。

 

クレジット現金化についての豆知識

クレジットカードの現金化と言う言葉を聞いた事のある人もいるかと思いますが、実はメリットよりもデメリットの方が大きいと言われています。因みにクレジットカードを利用するメリットですが、現在持っているクレジットカードのショッピング枠を現金化する為に、新たに申し込む事や審査をする必要が無いので、手間がかからないと言う事です。

 

これはクレジットカードを利用する上で大きなメリットでありますが、では、デメリットにはどういったものがあるのでしょうか。ここでは、そのデメリットなどについてご説明します。

 

クレジットカードを現金化するデメリットには、損をする事が多い事や悪質業者に騙されやすいと言った点が挙げられます。ショッピング枠の全てが現金化され、その中から手数料を差し引いた金額が現金で自分の手元に残ります。ですから、差し引かれた手数料分、損をする事になります。

 

また、クレジット会社に支払う分は手数料として引かれた分もあるので、トータルで見ると更に損をする事になります。悪徳業者では、更に差し引かれる手数料が多い為、支払いに苦しんでいる利用者は、より苦しくなります。

 

また、もしかしたら審査に通らないのではないかと心当たりのある人は、極甘審査ファイナンスや激甘審査ファイナンスなどと謳っている金融業者を頼る人も多くいます。これらの金融業者は名前の通り審査が非常に甘く、信用情報に傷のある人でも借りられる場合があります。

 

また、中には審査無しなどと言ったところもありますが、これは違法業者であり、まっとうな金融業者ではありません。甘い言葉に惑わされる事無く、本当に大丈夫なのかどうか見極めてから利用して下さい。お金を借りる際は、目先の甘い部分だけに目をやらず、常に冷静に判断をする事が大切です。

 

クレジットカードとカードローンならどっちがおすすめ?

 

クレジットカードはクレジット会社が発行しているカードであり、商品を購入する場合、カードを差し出すだけで支払いが済みます。その場で現金で支払わなくても、カード会社が一時的に商品代金を立て替えてくれるので、現金を持ち歩かなくても商品を手にする事ができるのです。

 

一方カードローンは銀行および消費者金融業者が発行しているカードになります。カードローンの場合は、融資と言われる商品を提供しており、クレジットカードのようにカードで商品を直接購入する事は出来ず、お金を借りる事がメインであります。

 

このような事から、クレジットカードは主に手軽に買い物に利用したい人におおすすめだと言えます。キャッシング枠でお金を借りる事もできますが、前にも述べたようにショッピング枠の中にキャッシング枠も含まれている為、キャッシング枠を使いすぎてしまうと、買い物ができなくなります。

 

また、クレジットカードの審査はカードローンに比べてやや厳しめなので、申し込みをしてからキャッシングを利用できるようになるまで時間が掛かります。その為、すぐに現金が必要な人には向いていません。

 

また、カードローンは主に手早く現金を借りたい人におすすめだと言えます。申し込みをしてから審査にかかる時間、融資を受けるまでの時間が圧倒的に早いのが特徴で、審査時間は最短30分、融資まで最短60分と謳っている金融業者もあります。

 

また、この他にも銀行のカードローンがあります。圧倒的な知名度と金利の安さを売りにしている銀行のカードローンは、銀行と言うだけでやはり安心感があります。最近広告などでよく見かける、楽天銀行カードローンのスーパーローンは、利用している人も大変多くいます。

 

楽天銀行のスパーローンの金利は1、9パーセントから14、5パーセントとなっており、借りる金額によって金利が変動します。

 

利用限度額の最高額は800万円までとなっており、申し込みの対象となるのは、日本国内に住んでおり、仕事をしていて安定した収入を得ている20歳以上62歳未満の人に限ります。スーパーローンの審査も非常に早く、例えば夜中に楽天銀行のスーパーローンに申し込み、翌日の昼間には審査結果が出たと言う体験談があります。

 

この事から、銀行系のカードローンの審査時間にしては、非常に早い方と言えます。返済方法は、指定口座から自動振替、インターネットによる返済、提携ATMからの返済が可能となっています。自動振替の場合、返済日は1日、12日、20日、27日の中から自分の好きな日を選べます。

 

インターネットによる返済では、Pay-easyを利用して、自分の口座からネットバンキングを利用して返済します。提携ATMは、コンビニに設置されているATMを利用します。

 

これら3つの返済方法の中から、自分に合ったものを選んで支払いができます。楽天銀行のスーパーローンは、全ての手続きをインターネット上で行える他、利用するたびにポイントが貯まり、楽天市場でお買い物をする際にポイントを利用する事ができます。

 

また、ホームページからだと24時間、365日利用する事が可能であります。楽天銀行のスーパーローンは非常にお得で便利なカードです。

 

どちらも比較してみて自分に合った方法で借りましょう!

クレジットカードとカードローンの一番の違いともいえるのが、クレジット機能があるかどうかです。

 

先程もご説明した通り、クレジットカードには支払いの際に利用できるショッピング枠とお金を借りられるキャッシング枠があります。カードローンはキャッシング枠のみです。

 

どちらのカードを持ったら良いのか、持つべきなのか、どちらのカードを利用するべきなのか悩みどころではありますが、それぞれの特徴を吟味し、十分検討した上で、決める事をおすすめします。クレジットカードの特徴ですが、キャッシング枠があるものの比較的金利が高い、ショッピング機能が備わっている、年会費が掛かるものもあるなどです。

 

カードローンの特徴は、キャッシングにおける金利は比較的低く設定されている、ショッピング枠は備わっていない、年会費が無料などです。

 

これらを比較して、クレジットカードのみ持つのでも良いですし、両方持ち合わせ、自分で決めて使い分けるのでも良いでしょう。