困ったときに役に立つ国からお金を借りる方法

急にお金が必要になった時、手持ちの現金が無くて困ったことがある人は多くいる事でしょう。

 

また、遅延を繰り返しているなどの金融トラブルを起こしたがために、銀行や消費者金融などからお金を借りられない人も少ないないでしょう。

 

そんな場合、私たちが住んでいる日本では、様々な方法でお金を借りる事ができます。国からお金を借りられる主な方法について、状況別にご紹介します。

 

まず、

  • 無職や低収入の人や家族の中に障害者高齢者がいる人
  • 教育資金を借りたい人
  • 不動産を所有している高齢者世帯の人
  • 事業資金を工面したい人
  • 起業したい人

などです。

 

こういった人たちの為に、日本では国がお金を貸してくれる制度があるのです。

 

今回、お金に困っていて借りるところが無い時など、困った時に役立つ国からお金を借りる方法について、ご紹介します。

 

お金を借りる条件さえクリアすれば!

 

日々生活を送る上で、どうしてもお金が必要になった時、銀行や消費者金融からお金を借りたいけど躊躇してしまう人は多くいるでしょう。また、過去に金融トラブルなどを起こした為、どこからもお金を借りる事ができない人もいるのではないでしょうか。しかし、お金が無い為に生活が苦しいのであれば、何か対策をとらなければなりません。場合によっては、光熱費を払う事すら困難になる可能性もあります。

 

さて日本には、お金を貸してくれる制度がある事をご存知でしょうか。お金を借りる為にはもちろん条件をクリアしなければなりませんが、その条件さえクリアすれば、生活費としてお金を借りる事が出来るのです。悩んでいるだけではお金を手にする事は出来ません。それどころか、どんどん窮地に陥ります。そんな場合は一人で悩まず、国からお金を借りる制度を利用してみてはいかがでしょうか。

 

銀行や消費者金融と違って安定した収入がある事や、返済可能かどうかと言った条件は設けていません。条件として見極めるのは、本当に生活に困っているかどうかと言う点です。日常生活を送る事が困難であれば、融資が可能になると言うシステムです。

 

因みに消費者金融からお金を借りる場合の条件ですが、だいたい20歳以上から65歳くらいまでの成人である事、正社員でなくても構いませんが、安定した収入がある事、また、借入総額が総量規制に引っ掛からない事です。総量規制とは、申し込み者の年収3分の1以上の貸し付けを禁止すると言う法律です。

 

また、銀行で借り入れを行う際の条件では、だいたい20歳以上から60歳くらいまでの成人である事、安定した収入がある事、他社からの借り入れが少ない事です。

 

銀行の場合、総量規制の対象にはなりません。総量規制の対象となるのは先程もご説明した消費者金融の他、クレジット会社や信販会社になります。更に、これはどこの貸金業者、金融機関にも言える事ですが、信用情報に傷がついてないかどうかも貸付審査の際に、重きを置かれます。

 

過去に支払いが滞った事があって、自己破産や債務整理などを経験していると、審査が通りにくいと言われています。個人信用情報に傷がついているかどうかも、銀行や消費者金融から融資を受ける際の条件の一つになります。

 

日本には様々な制度がありますので、自分に合うものを選択して相談員に相談してみましょう。ここで知っておけば、今後お金に困った時にきっと役立ちますし、既に困っている人であれば、もっと早く知っておけば良かったと思う事でしょう。

 

「総合支援資金貸付制度」を事前に知っておこう

ここでは、総合支援資金貸付制度について、ご説明します。ここで仕組みを知っておけば、お金を借りる際にスムーズに借りる事ができますし、国からお金を借りる事もそれほど難しいと感じる事もありません。もちろん、事前に総合支援資金制度がどのような制度であるのか事前に知っておく必要があります。

 

総合支援資金制度とは、仕事を失い収入が無くなってしまった場合など、生活を送る上で必要なお金が無くなった場合、日常生活を送る事が困難な程お金に困っている人に対して、お金を貸してくれる制度になります。

 

ただ仕事が無いから、収入が無いからと言うだけではなく、次に仕事を見つける為にハローワークや社会福祉協議会にも通い、そこで職に就く為の相談や支援を行う事が条件となります。ただ単に、仕事が無いからお金を貸して下さいと言うのでは、国はお金を貸してくれません。

 

きちんと、就職先を見つけようとする行動を起こさなければならないのです。働く意欲があると言う事や仕事を探していると言う状況があって初めて、国からお金を借りられると言う制度を利用できるのです。経済的に自立する為に必要となるお金を貸してくれる制度と、理解するのが良いでしょう。

 

どんな人が教育支援資金制度でお金を借りることができるの?

どんな人にお金を貸してくれるのか、予め対象となる人を知っておけば、もしもの時に自分が対象になるのかどうか見極める事ができます。ここでは、どんな理由であれば総合支援資金制度を利用して国からお金を借りる事ができるのか、ご紹介しましょう。

 

まずはじめに総合支援資金制度を行った時、今後その人が自立できるのかどうかが条件になります。

 

最低条件として、仕事を積極的に探しているかなど、自立する為に意欲的な人であるかどうか、またその他の条件として、以下のようなものが挙げられます。公的書類によって本人確認ができる人、失業や減給などが原因で日常生活を送る事が困難な人、住居確保の見込みがあると判断できる人、ハローワークや社会福祉協議会への相談により継続的な支援を受けられる人など。

 

その他にも、総合支援資金制度以外の公的貸付、もしくは公的給付を受けられない人、貸付支援制度を利用することで自立した生活を送れるだろうと判断された人などが、該当します。

 

尚、お金を借りる理由については、主に生活費と言うのが理由になります。生活が再建される為に、必要とされる費用を支援する生活支援費や、日常生活を送る上で賄う事が困難と判断された場合は一時生活再建費、賃貸住宅を借りる際、敷金や礼金などの必要となる費用を支援する住宅入居費など、こういった理由の場合、認められる制度となっています。

 

総合支援資金貸付制度ではいくらまでお金が借りられる?

総合支援資金制度を利用して国からお金を借りる場合、一体いくらまで借りられるのでしょうか。生活費として使えるとしても、融資限度額はいくらまでとなっているのか、非常に気になるところであります。ここでは、総合支援資金制度で借りられる額について、ご説明します。

 

総合支援資金制度では、利用する目的によって借りられる金額が異なります。生活支援費の場合では、単身の場合は月に15万円以内、2人以上の場合は月に20万円以内と定められています。期間は最長で12か月以内となっています。一時生活再建費の場合は、60万円以内、住宅入居費では、40万円以内となっています。

 

返済については、貸付が終了してから償還が始まる期間については、最終貸し付けから6か月以内となっています。返済期間は据え置き期間経過してから、20年以内となります。このように、返済期間が長期に設定されているので、月々の返済が苦しくなる事はほとんどありません。

 

総合支援資金貸付の手続きの流れ

国からお金を借りる為には、あらゆる手続きを踏まなければいけません。少々面倒と思われるかもしれませんが、生活費が無ければ生活できないわけですから、面倒と思わずに順を追って、きちんと手続きを行いましょう。

 

総合支援資金制度の手続きですが、まずはじめに相談する事から始めます。相談後、やはりどうしても資金援助を受けなければ生活が成り立たない状況であると判断された場合、自立計画を作成します。必要事項を記入して申込書を作成し、その申込書を自分が住んでいる各市町村の社会福祉協議会に提出します。

 

その後、審査が行われます。実際に利用している人の多くは、申し込みの段階で相談員に相談をしながら手続きを進めている為、申し込みが出来た場合は、審査が通ると言われています。審査を通過できない場合には、申し込みの際に相談員から支援対象となっていないなどの返答がきます。

 

申し込みの際に必要となる書類には、以下のものがあります。

 

借入申込書の他に運転免許証や住民票のコピーなどの本人確認書類、世帯状況の証明書類、総合支援資金の貸付に必要な個人情報の提供に対する同意書、今後自立ができることを証明するための計画書、その他、住宅入居費用として利用する場合は、不動産賃貸契約書のコピー、入居予定住宅の状況通知書のコピー、住宅手当支給対象者証明書、総合支援資金制度利用の借用書なども必要となってきます。

 

総合支援資金の同意書ですが、連帯保証人が必要な場合には、その人の資力を証明するための書類も必要です。もしどうしても連帯保証人が見つからない場合には利子が発生するという点も覚えておきましょう。

 

緊急小口資金貸付制度について

国からお金を借りる制度には様々なものがありますが、緊急に生活にお金が必要になった場合には緊急小口資金貸付制度というものがあります。

 

例えば、急に病気になって入院しなければならなくなった場合、入院費などを急に用意できない事もあるでしょう。また、給料を落としてしまって盗まれてしまうなど、日常生活を送る為のお金が無くなってしまう場合もあります。更に地震や火事などの災害の時にもお金が必要になるはずです。

 

このような場合に利用できる制度が、緊急小口資金貸付制度なのです。

 

どんな人が緊急小口資金貸付でお金を借りることができるの?

先程ご説明した緊急小口資金貸付制度ですが、一体どんな人が利用する事ができるのでしょうか。緊急小口資金貸付制度は国からお金を借りるわけですから、対象人物や理由などについて、予め知っておく必要があります。

 

まず理由についてですが、先程述べた以外にもいくつかあります。公的給付や年金の支給が始まるまでの生活費が必要になった場合や、失業もしくは休業により収入が無くなってしまった場合、年金や公共料金、国民健康保険料などを支払う事で生活費が足りなくなった場合などです。

 

また、転職などで次の給料が支払われるまでの生活費確保の為や交通事故などで損害を受けたことによりお金が必要になった場合なども理由として挙げられています。

 

因みに対象となる人は、急を要するほど生活を維持する事が困難な人や、緊急小口資金貸付制度を利用してもその後きちんと返済ができる人、低所得世帯の人が対象となっています。

 

緊急小口資金貸付で借りられるのはいくらまで?

緊急小口資金貸付制度を利用した場合、いくらまでお金を借りる事ができるのでしょうか。予めどのくらい借りられるのか知っておけば、いざと言う時便利です。

 

給料を落としてしまった場合や盗難に遭った場合は5万円までとなっていますが、それ以外の場合は、100,000万円までとなっています。

 

また、貸付限度額は1,000円単位で借りる事ができ、5万円を借りた場合の月々の返済額は6,250円、10万円を借りた場合は月々の返済額は12,500円となっています。

 

どちらの場合も据え置き期間が設けられており、融資を受けた日より3か月目から支払いが開始されます。返済方法は口座振替となっており、毎月22日に引き落としされます

 

お金に困っている時などは、すぐに返済するのも厳しいでしょうから、据え置き期間が設けられていると大変助かります。

 

緊急小口資金に必要な書類や手続き

緊急小口資金貸付制度は、生活費の為のお金を紛失してしまって急にお金が必要になった場合など、今日明日の生活に困っている状況である場合に利用できる、大変助かる制度です。

 

国からお金を借りる制度には様々なものがありますが先程もご説明した通り、連帯保証人を立てた場合は利息は一切かかりません。連帯保証人を立てない場合は、年1、5パーセントの利子が発生します。

 

しかし、緊急小口資金貸付制度は、連帯保証人を立てなくても無利子でお金を借りる事ができます。国からお金を借りる制度ですので、手続きや必要となる書類など、いざと言う時の為に確認しておきましょう。

 

まず、申し込みの際に必ず必要となる書類は、以下の通りです。

 

借入申込書や借用書、借り入れする人の印鑑登録証明書と実印、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類、健康保険証、住民票の写し、などになります。また、源徴収票や給与明細書などの収入証明書や預金口座振替依頼書も必要になります。これらの書類は、どんな理由であっても必ず必要となる書類です。

 

次にご紹介する書類は、お金を借りる際の理由によって必要となる書類です。

 

医療費の支払いにより生活費が無い場合は医療費の領収書、雇用保険給付制限期間中に生活費が足りなくなった場合は、雇用保険受給資格者証や認定スケジュール表、年金の支給開始までの生活費が無い場合は、年金の給付日と給付開始日がわかる年金事務所が発行する書類、初めてもらうまでの当面の生活費が必要な場合は雇用証明書、公的職業訓練の手当が支給されるまで生活費が無い場合は、訓練手当て受給資格認定書、職業支援計画書の写しなどが必要となります。

 

これらの書類を提出した後審査が行われ、審査に合格すると貸付と言う流れになります。

 

子供のための教育ローンは国から借りられるの?

お金がない為に進学をあきらめて、希望する学校へ入学する事を諦めなければならない子供は少なくありません。大学には行きたい、けれど大学に入学する為のお金や授業料などを準備する事ができないなど、そういった人の強い味方になってくれる制度が、教育支援資金制度です。

 

教育支援資金制度は、子供の大学進学の為にお金を貸してくれる制度です。この制度を利用すれば、お金が無くても安心して子供も勉強に励む事ができるでしょう。

 

大学進学の為の資金が無い場合、日本には銀行や消費者金融などから進学の為の資金を借りる教育ローンというものがありますが、借り入れを申し込む世帯によっては、収入が一定以上ある場合、教育資金を借りられないケースがあります。

 

そう言った教育資金を借りられない世帯の為に、日本では教育支援資金制度を設けたのです。

 

返済方法は、大学を卒業してから償還していきます。自分に合った方法で計画的に返済していく事が可能かどうか、借り入れをする前に教育支援資金制度について予め理解しておく必要があります。

 

どんな人が教育支援資金制度でお金を借りることができるの?

大学進学の為の教育資金として、国からお金を借りる事ができる教育支援資金制度は、先程もご説明した通り、全世帯が借りられるわけではありません。一体どのような人が利用する事が出来るのでしょうか。

 

教育支援資金制度を利用出来る対象世帯は、申し込みをする世帯の子供が高校や大学に進学、もしくは今現在在学中であり、学費を工面する事ができない、尚且つ銀行などの金融機関からお金を借りられる状況ではない世帯、また、もし借り入れができたとしても進学もしくは在学は難しいと判断された世帯です。その他、同じ地区に6か月以上住んでいる世帯や生活保護基準の1、8倍の所得がある、もしくは市町村民非課税程度の低所得者などの世帯が対象となります。

 

子供の教育資金として国から借りるお金なので、あくまでも子供の教育を目的としてお金を使う事が条件となります。次にご説明するのは、貸し付け対象として認められない場合の世帯の例です。

 

在学中に必要となる生活費や家財道具などの購入や任意で寄付するもの、在学中もしくは卒業した学校に比べて上級とは認められない学校の入学にかかる費用、受験料や受験の際にかかる交通費、他からも教育ローンとした借り入れがある場合、合格した学校に進学しないにもかかわらず、支払いが必要となる入学保証金に充てられ、給付以前に支払った経費などの場合は、貸し付け対象として認められませんので充分ご注意ください。

 

教育支援資金はいくらまで借りられる? 手続きの際の必要書類

大学進学などの為の教育資金を国から借りられる事は、親だけでなく子供も一安心できるのではないでしょうか。では実際にどのくらい、教育資金として国からお金を借りる事ができるのでしょうか。

 

ここでは、教育支援資金はいくらまで借りられるのかについて、ご説明します。

 

実際に国から借りられる融資額は、高等学校や高等専門学校、短期大学、大学の就学支度費として入学に必要な経費では、借入限度額は500,000万円以内となっています。その他として月々借りられる金額は、高等学校では月に35,000円以内、高等専門学校や短期大学では60,000円以内、大学では65,000円以内となっています。

 

返済は、それぞれの学校を卒業してから開始となりますが、据え置き期間6か月以内が設けられ、償還期限は据え置き期間が経過してから20年以内となっています。

 

申し込みの際に必要となる書類は、本人確認ができるものや収入を証明できるものとして、世帯全員分が記載されている住民票、県民税や住民是非課税証明書、場合によっては収入証明書や給与の振り込みが確認できる預金通帳なども必要になります。

 

また、借り入れ費用の詳細を確認する為の書類として、請求書や見積もり書など、必要となる費用の総額がわかるものや入学費などが掲載されているパンフレットや入学案内、学校から郵送されてきた請求書などの書類が必要となります。

 

このような、申し込みに必要となる書類を持参して、住んでいる市町村の社会福祉協議会に申し込みをします。

 

国からお金を借りるのは賢い選択なのか?

お金が急に必要になった時、お金が無くて生活が困難になった時、どこからかお金を借りると言う事は、簡単な事ではありません。こういった状況の中で国からお金を借りる事ができると言う事は、大変ありがたい事であり、国の制度を利用してお金を準備できると言う事はとてもメリットが大きい事ではないでしょうか。

 

そのメリットの一つが、何より国の制度を利用できると言う事で、安心してお金を借りられると言う事です。国が運営しているので、対象となる人は皆安心して利用できるでしょう。また、もう一つのメリットとして、どこよりも低金利でお金を借りられると言う事です。

 

一般的な銀行や消費者金融などからお金を借りた時の金利と比べてみても、格段に安くなっていますので大変お得です。ですから、低所得世帯でも月々の返済が苦しいと感じる事はほとんど無く、返済が出来ます。

 

更に安いだけでなく、固定金利となっているので途中で金利が上がる事はありません。ですからこれ以上返済額が上がる事は一切ありませんので、心配する必要はありません。その他、返済期間を長期に設定できる事についても、その後の生活が安定したものになるので一安心です。

 

このように国からお金を借りられる制度の利用には、様々なメリットがあります。では、デメリットもあるのでしょうか。

 

実際にこの制度を利用した人たちが、口を揃えて言っているデメリットがあります。その一つに提出書類が多い事、また、融資を受けるまでに時間が掛かる事などです。確かに国からお金を借りる場合、平均的に見ると融資までに1、2週間ほど時間が掛かります。ですから即日融資や、なるべく早く融資を受けたいと考えている人には適していません。

 

銀行や消費者金融の場合、インターネットを利用してその場で申し込みができ、その日の内に融資が可能になる場合があります。しかし、裏を返せば、時間が掛かると言う事は、それだけしっかり手続きを行っていると言う事です。

 

ですから、国からお金を借りる制度は安心して利用する事ができるのです。

 

このように、メリットもあればデメリットもありますが、国からお金を借りられるメリットはどこの貸付業者よりも魅力的であります。

 

お金にお困りの方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

また、国からお金を借りられる制度は

  • 総合支援資金制度
  • 教育支援資金制度
  • 緊急小口資金貸付制度
  • 福祉資金
  • 不動産担保型生活資金

などいくつかあり、資金の使途によってこの中から選択します。

 

たとえ消費者金融からお金を借りられ一時的にお金に余裕ができたとしても、金利が高いため結局返済に苦しむ事になる、銀行のカードローンに申し込もうと考えたけれど、審査が厳しいとの噂があるため自分の所得では審査には通らない、などと言った理由から銀行や消費者金融からいお金を借りられない、躊躇していると言った人は数多くいます。

 

国からお金を借りる場合も当然審査はありますが、生活に困窮している人をサポートしてくれる制度である為、親身になってアドバイスをしてくれます。更に、お金を貸してくれるだけでなく、地域の民生委員による相談支援も行ってくれます。経済的な支援のみならず、精神的なメンタルサポートも行ってくれるのです。

 

問い合わせはお住いの市町村の社会福祉協議会となっていますが、実は地域の民生委員も窓口になってくれているので、協議会に直接行くのは少し不安などと思っている人は、地域の民生委員に相談してみましょう。