お金を低金利で借りるポイントと10の方法

お金が必要な場合に手持ちも貯金もないという時、どうしますか?どうしても必要なお金であれば借金をして用意することになるでしょう。そして借金をする時に必ずと言っていいほど発生するのが金利です。

 

金利によって利息が発生するので、借りた金額よりも多く返済する必要があります。

 

現在、法律で定められている金利の上限は20.0%となっているので、銀行や消費者金融、信販会社などはこの金利の範囲内でお金を融資してくれるのですが、金利は0.1%でも低い方がお得です。たった0.1%?と思う人もいるでしょう。

 

ですが借り入れる金額が大きくなればなるほど、返済期間が長くなればなるほど、0.1%の金利の違いは大きなものとなってしまいます。ローンを利用する時はより低金利でお金を借りることを重視することが大切です。

 

そこでここでは、より低い金利でお金を借りたいという人におすすめの方法や逆にこんなところでは借りてはいけないというところなどを紹介します。用途が限られておらず自由に使うことができる個人向けの融資だけではなく、事業資金として利用することができるローンも紹介するので、是非参考にしてみてください。

 

 

≪目次≫

  1. お金を借りる10の方法
  2. 公的制度
  3. 生命保険の契約者貸付
  4. 銀行カードローン
  5. 消費者金融のカードローン
  6. おすすめしない6つの手段
  7. 事業用の資金を探しているのなら
  8. まとめ

 

 

お金を借りる10の方法

どうしてもお金が必要な時に工面する方法として借金がありますが、ただ単純に借金と言ってもその方法はいくつかあります。また借り入れを行うと必ず発生するのが利息です。金利が低ければ利息も少なくなるのですが、より低金利でお金を借りるにはどうしたらいいのか悩んでしまいます。

 

そこでここでは低金利でお金を借りる方法を10個紹介します。

 

まず1つ目は公的な貸付制度

最も金利が低い貸付と言えるのが、公的な貸付制度です。何よりも金利を重視するというのであれば公的な貸付がおすすめですが、金利が低い分、融資が実行されるまでに時間がかかってしまうというデメリットがあります。

 

2つ目は生命保険の契約者貸付

生命保険に加入していることで、契約者貸付制度を利用することができます。公的資金の次に低金利で利用することができると言えるでしょう。ただし、加入している生命保険に契約者貸付制度がなければ利用することはできませんし、払込状況によっては限度額が低くなる場合があります。

 

3つ目は銀行が発行しているカードローン

メガバンクや地方銀行など多くの銀行が発行しており、カードローンの契約をすると手軽にお金を借りることができるのでとても便利です。銀行が発行していることでカードローンと言っても低い金利で利用することができます。

 

ただし、銀行のカードローンの場合、申込みから融資までの時間が消費者金融などのカードローンに比べると遅い傾向にあり、今日お金が必要といった即日融資には向かないものがほとんどです。

 

4つ目は消費者金融

申し込みから融資まで最短30分から1時間で完了することができるスピーディーさが魅力となっており、申込みもインターネットや無人契約機、店頭などの中から選ぶことができます。

 

手軽に借り入れをすることができるカードローンとして多く利用されているのが消費者金融ですが、銀行カードローンに比べると法定利息ギリギリで貸付を行っている所も多いので借りる金額が大きければ多いほど返済負担は大きくなりますし、消費者金融は貸金業者なので貸金業法が適用され、総量規制の対象になります。

 

5つ目はクレジットカードのキャッシング

クレジットカードはショッピングで利用するものというイメージが強いのですが、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設けられていることがあります。

 

コンビニATMなどで24時間365日利用することができるものも多いので便利に利用することができるのですが、もともとはショッピングに特化したものなのでキャッシングに関しては金利が高めに設定されていることも多く、短期間で返済ができないのであれば銀行カードローンや消費者金融の方がおすすめです。

 

ここからはあまりおすすめしない方法ですが、お金を借りることができる方法として紹介します。

 

 

6つ目は闇金

貸金業者として登録を行なわずに違法な高金利で貸付を行っている業者です。これはトラブルの元なので利用しないようにしましょう。

 

7つ目はクレジットカードの現金化

街中でクレジットカードのショッピング枠を現金化するというチラシを見たことがある人もいるのではないでしょうか。これも闇金と同じくトラブルの元になるので利用しないようにしましょう。

 

8つ目は質屋

貴金属などを質に入れることでお金を借りることができ、お金を返すことができない場合は質に入れた品物は返ってこない仕組みになっています。

 

担保のようなものですが、質屋の場合法定利息は貸金業者よりも遥かに高い金利を設定することができるので、決して低金利で利用できるものではなく、むしろ損をしてしまいます。

 

9つ目はソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとはインターネット上のサイトを介して個人間でお金の貸し借りを行うことを言います。

 

顔の見えない相手からお金を借りるというのは怪しいですし、さらに相手が闇金である可能性もあることから手を出さないようにしましょう。

 

そして最後の10つ目は友人や知人からの借金

金の切れ目は縁の切れ目というように借金を申し込んだことで友達関係が壊れてしまうということも少なくありませんし、トラブルに発展することも珍しくありません。

 

できるだけ友人や知人には借りないようにしたいものです。

 

ここではお金を借りる方法として10個の方法を紹介しました。闇金やクレジットカードの現金化など違法な業者を利用する方法もありますが、こういった方法はあくまでも紹介しているだけであり、お金に困っても関わらないようにしましょう

 

今回は低金利でお金を借りる方法を紹介するのが目的なので、ここでは公的な貸付制度、生命保険の契約者貸付、銀行カードローン、消費者金融のカードローンで少しでも金利を抑えてお金を借りる方法をお話します。

 

またクレジットカードの現金化や質屋、闇金などおすすめしない方法についても、なぜおすすめしないのか詳しくお話します。

 

公的制度

公的な貸付制度は国や都道府県、地方自治体が融資を行っているものです。貸付制度の条件に該当すれば、どの金融機関よりも低金利でお金を借りることができ、公的な貸付制度の中には連帯保証人がいれば無利子になるものも多くあります。

 

公的な貸付制度を融資先として利用する場合、より広く利用されることが多いのが、

  1. 生活福祉資金貸付制度
  2. 国の教育ローン
  3. 年金担保融資制度

の3つです。

 

1つ目の生活福祉資金貸付制度は、低所得者世帯、障がい者世帯、高齢者世帯を対象にした貸付制度です。

個人ではなく世帯単位で該当しているかどうかがポイントになります。

 

低所得者の定義としては、市町村民税が非課税になる程度の収入で、必要としているお金をカードローンなど民間の金融機関から借りるのが困難な世帯が該当します。障がい者世帯の場合は身体障害者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている人がいる世帯です。

 

高齢者世帯の場合は65歳以上の高齢者が属する世帯となっています。生活福祉資金貸付制度はまず住んでいる自治体の社会福祉協議会に相談をします。社会福祉協議会では、いくつかある生活福祉資金貸付制度の中から、自分の世帯であればどれを利用することができるのか、どのくらいの額を借りることができるのかなど相談に乗ってくれます。

 

公的な貸付制度は借りることができる条件や借りるために必要な書類など、違いが複雑になっているので、担当者に今の状況を説明することで、詳しく教えてもらうことができます。生活福祉資金貸付制度は用途に合わせて、いくつかの貸付制度に分かれています。

 

災害などが置きた場合に被災者が利用することができる緊急小口資金も生活福祉資金貸付制度の1つです。ほとんどの貸付制度が2%前後の金利となっており、保証人がいれば無金利となります。

 

返済期間も緊急小口資金を除いて、10年から35年程度と長く設定されているので低金利で毎月の返済負担を軽くして返済していくことができます。借りることができる金額に関しては、貸付制度によって代わってくるので一概には言えないのですが、例えば緊急小口資金であれば10万円まで借りることができます。

 

2つ目の国の教育ローンは、日本政策金融公庫が融資を行っている教育資金のための貸付制度です。

用途は教育に関するもののみとなりますが、広く利用されている公的な制度となっています。

 

教育ローンの対象になるのは大学、大学院、短期大学、専修学校、各種学校、予備校、デザイン学校、高等学校、高等専門学校、特別支援学校の高等部、その他の職業能力開発校などの教育施設、また原則6ヶ月以上の留学であれば外国の高等学校や高等専門学校、短期大学、大学、大学院なども含まれ、これらの学校や教育施設に子どもが通っている保護者です。

 

学校や教育施設に子どもが通うために利用することができる融資と言えば奨学金をイメージする人も多いでしょう。

 

ですが奨学金はまとまた金額を一度に受け取ることができないので、教育のためにまとまった金額が必要な場合は国の教育ローンを利用しましょう。また学校に通うためというのが主な目的になりますが、国の教育ローンは教育に関するものであれば利用することができます。

 

例えば、パソコンの購入費、学校の近くに引っ越すための住居費用なども問題なく利用することができます。また教育のために使うはずだった資金を別に出費があって使ってしまった場合も国の教育ローンで融資を受けて充てることができます。

 

教育のためという名目ですが、教育が必要な子どもがいればある程度自由に利用することができるのが国の教育ローンのメリットです。

 

国の教育ローンは日本政策金融公庫のホームページから申し込みを行います。郵送でも申込みができますが、より速く融資を受けたいという場合はインターネットからの申し込みがおすすめです。教育ローンの場合、年率は1.81%と低金利で、基本的に350万円まで借りることができます。

 

3つ目は年金担保融資制度です。

この制度では、将来受け取るはずの国民年金や厚生年金、労働者災害補償保険を担保にしてお金を借りることができます。生活福祉資金貸付制度や国の教育ローンに比べると、借り入れたお金の用途はより自由度が高く、債務などの整理や生活必需品の購入などに充てることができます。

 

年金が担保になるの?と驚く人もいるでしょう。民間の業者でも一部で年金を担保にした貸付をうたっているところがありますが、この場合は違法であり、年金を担保にして貸付を行うことができるのは、この制度のみなので注意しましょう。

 

対象となるのは年金受給者であり、返済額としては完済するまで年金から天引きされるので、返済期間が長くなればなるほど年金の受け取りに影響を及ぼしてしまう可能性がありますが、自由度が高いので利用している人も多く存在します。

 

年金を担保にした融資の申し込みは自分が年金を受け取っている金融機関の窓口で行い、各金融機関には年金担保融資制度の申し込み用紙が設置されています。

 

申込書、年金証書、現在の年金支給額を証明する書類、実印、印鑑証明、写真つきの身分証、資金使途の確認書類を用意し、申込みを行いましょう。ただし、ゆうちょ銀行や農協、労働金庫では対応していないので、これらの金融機関が年金の受け取り先になっている場合は、まずは対応している金融機関に受取先を変更した後に申し込みをします。

 

年金担保融資制度の年利は1.2%から1.9%となっており、銀行などの金融機関が提供している住宅ローンやオートローンよりも低い金利でお金を借りることができます。生活必需品の場合は限度額は10万円から80万円、その他は10万円から200万円または受給している年金の0.8倍、1回あたりの返済額の15倍以内とこれら3つに当てはまる範囲で借りることができる金額が決まります。

 

生活福祉資金貸付制度、国の教育ローン、年金担保貸付制度の3つは、普段の生活に密着した国の貸付制度であり、融資の条件に当てはまれば銀行や貸金業者よりも遥かに低い金利で借り入れをすることができます

 

この他にはハローワークを通して職業訓練をしている中で職業訓練受講給付金だけでは生活が成り立たないという人向けの貸付制度である求職者支援資金金融資制度や20歳未満の子どもを持つ母子家庭や父子家庭が利用することができる母子福祉資金貸付父子福祉資金貸付、看護師などの資格を取得して現在住んでいる地域に戻ってきてもらうことを期待して作られた貸付制度、看護師等修学資金などがあります。

 

条件に該当することで低金利でお金を借りることができるのが公的な融資制度ですが、申込みから融資までは時間がかかる傾向にあり、生活福祉資金貸付制度では1ヶ月程度、国の教育ローンでは10日前後、年金担保融資制度では1ヶ月程度と調査や審査などに時間がかかることで民間の貸金業者のような即日融資などはないので、しっかりと計画を立てて申し込みを行いましょう。

 

また公的な貸付制度の場合、銀行カードローンや消費者金融のカードローンのように、借り入れたお金を自由に使うことができないものがほとんどです。困っている人を助けるための制度なのでこの辺は仕方のないことではないでしょうか。

 

生命保険の契約者貸付

 

万が一の病気やケガ、事故、災害などに備えて生命保険に加入しているという人も多いのですが、任意で加入する生命保険には契約者が利用することができる貸付制度を設けているところがあります。毎月保険料を支払うことで生命保険を継続しているのですが、生命保険を解約した時に受け取ることができるお金を解約払い戻し金といいます。

 

この解約払い戻し金は積立型の生命保険であれば基本的についているものであり、この解約払戻金の中から70%から90%の範囲で借り入れを行うことができる制度です。生命保険の他には学資保険など積立型の保険でも利用することができる場合が多いです。しかし解約払い戻し金の概念がない掛け捨てタイプの保険商品の場合は契約者貸付を利用することができません。

 

生命保険の契約者貸付制度はメリットが多くあります。まず第一にメリットとなるのが審査がないという点です。解約払い戻し金の70%から90%が融資額の範囲となっているのですが、これまで支払ってきた保険料であり、将来受け取るはずのお金を担保にするので、審査をする必要がなく、貸金業者や銀行にローンの申し込みをした際に行なわれる審査はありませんし、信用情報に記録が残るようなこともありません。

 

これまで継続してきた契約と支払った保険料があることで貸付を利用することができます。積立型の生命保険に加入していて、ローン審査が不安、返済履歴を残したくないという人におすすめの貸付制度です。また生命保険の契約者貸付には返済期日がありません。保険の有効期限内であれば余裕ができた時に自分のペースで返済を行うことができます。ただし、返済期限に余裕があるとは言っても計画的に返済をしていかないと将来的に受け取るお金が減ってしまう可能性はあります。

 

場合によっては解約払い戻し金の範囲内であれば何度でも貸付を受けることが可能となっているので借りるだけ借りて返済をしないままでいると返済額が解約払い戻し金の額を超えてしまい、保険そのものが失効してしまう可能性があります。こうなると保険の効力がなくなってしまうので注意が必要です。また返済をしないままでいると学資保険や養老保険など満期がある保険の場合は祝い金から返済額が差し引かれてしまうので祝い金そのものが減ってしまうので注意しましょう。

 

メリットがあることで公的な貸付制度よりもより手軽にそして自由に借り入れを行うことができるのが魅力となっている契約者貸付ですが、契約者貸付の金利は2%から6%程度となっており、低金利でお金を借りることができるので返済期間が長くなっても返済の負担が軽く済みます。

 

公的な貸付制度は必要な書類の準備は申込み方法、融資が実行されるまでの時間が長いなど低金利で利用することができるのに対して複雑な書類や融資までの時間などにデメリットがありましたが、生命保険の契約者貸付の申し込みの流れは加入している生命保険の保険会社へ申し込みを行い、送られてくる書類に記入して返信をすると指定した口座にお金が振り込まれます。

 

この間で1週間ほどかかることがほとんどですが、保険会社によってはインターネットや電話でも申込みを受け付けているところもあるので、こういった申込み方法であれば即日もしくは翌日にお金を振り込んでくれる保険会社もあり、よりスピーディーにお金を用意することができるようになります。

 

銀行カードローン

お金を借りると言えばカードローンをイメージする人も多いのではないでしょうか。ATMなどで手軽に借り入れをすることができ、利息をつけて返済をするのが一般的です。カードローンと言えば消費者金融などの貸金業者がメジャーでしたが、近年広く普及しているのが銀行が発行しているカードローンです。メガバンクや地方銀行など多くの銀行がカードローンを発行しており、自分が利用している銀行にカードローンがあるという人も多いので、安心感のあるカードローンとして人気があります。

 

銀行のカードローンの最大の魅力は金利の低さです。消費者金融の場合、年率は18.0%となっているところが多いのですが、銀行のカードローンは年率14.5%がボーダーラインとなっており、低金利でお金を借りることができます。また融資限度額が大きくなればなるほど最低金利に近くなるので、よりお得に利用することができます。この他にも、銀行によっては給与振込口座がある、住宅ローンやオートローンを利用している人には優遇金利を適用しているところもあり、より低い金利で借り入れを行うことができる場合もあります。

 

また銀行のカードローンを提供している銀行には銀行法が適用されるため、消費者金融のように総量規制の影響を受ける心配がありません。つまり返済能力があると判断されれば年収の1/3を超えても借り入れを行うことができますし、さらに専業主婦でも配偶者に安定した収入があれば申し込みをして借り入れを行うことができる銀行カードローンもあります。ですから銀行カードローンの場合は融資限度額が500万円、800万円というところも少なくなく、100万円、300万円までは収入を証明する書類は提出不要としているところもあるので申し込みもしやすくなっています。

 

銀行という安心感や金利の低さ、限度額の大きさや申込みの手軽さなどを考えると是非銀行のカードローンを利用したいと思うのですが、難点を挙げるとすると融資までのスピードは消費者金融に比べると遅くなりがちです。消費者金融の場合最短30分から1時間で申し込みから融資までを完了することができるものも多いのですが、銀行の場合は申し込みから融資までに3日から1週間程度時間がかかってしまうものも多くあります。

 

すぐにお金を用意する必要があるという人には向かない場合もあるのですが、カードローンを発行している銀行の中には預貯金口座を持っていることで即日融資をすることができたり、無人契約機を設置することで融資までのスピードを速めることができるようになってきているところもあるので、どうしても銀行カードローンで借りたいという場合は予め口座を作っておく、即日融資に対応している銀行カードローンを探しておくなどすることで、借り入れまでの時間を速くすることができます。

 

また銀行カードローンは消費者金融の審査に比べるとやはり厳しい傾向にあります。カードローンの審査では返済能力があるかどうかを判断しているのですが、判断材料として年収や雇用形態、勤続年数、他社からの借り入れ件数などが使われています。また信用情報機関に登録してある過去の返済履歴やどこに申し込みをしてどんな契約をしたのかなども見ているので、もし他にも借り入れがあり返済先が多い、過去に延滞を繰り返している、一定の期間にいくつもの貸金業者や銀行にローンの申し込みをしているといった情報がある場合には融資を断られてしまう可能性が高くなります。

 

とは言っても返済能力があると判断されれば複数の借り入れがあっても審査に通ったという人もいるので審査結果に関しては、その人によるとしか言えません。カードローンを利用するなら銀行でと考える場合には、まずは1社に限定して申し込みをしてみましょう。

 

銀行カードローンの申し込み方法は、

  • 店頭
  • 郵送
  • 電話
  • インターネット

などがあります。

 

より借り入れまでの時間を短くしたいのであれば、店頭やインターネットがおすすめです。銀行カードローンの場合、キャッシュカードと兼用型になっていることも多いので、後日郵送で新しいカードが自宅などに送られてくるか店頭や無人契約機などで受け取ることで、提携ATMやコンビニATMで借り入れ、返済を行うことができるようになります。

 

またキャッシュカードと兼用型になっていることで、家族が財布の中身を見た場合でもカードローンを利用していることがバレにくいというメリットもあります。

 

消費者金融のカードローン

より手軽にお金を借りることができるカードローンとして知られているのが、アコムやモビットなどの消費者金融のカードローンです。テレビCMやネット広告などで見たことがあるという人もいるでしょう。現在利用しているという人もいるのではないでしょうか。消費者金融と言えば金利が高いというイメージが強いので、銀行のカードローンに比べると低金利でお金を借りるのは難しいのでは?と思う人も多いのですが、利用の仕方によっては金利を抑えて利用することができます。

 

消費者金融で低金利でお金を借りる場合に利用することができるのが、無利息期間のある消費者金融です。サービスの一貫として大手消費者金融は初めて利用をする人に一定の無利息期間を設けていることが多いです。初めての利用で初回の借り入れのみとなっているのであまり気にしていないという人も多いのですが、例えばアコムの場合は契約をした翌日から30日間無利息で利用することができます。

 

具体的に説明すると契約後にすぐに10万円を借りて30日以内に一括返済をすれば、無利息で利用できるという仕組みです。

 

借り入れには必ずと言っていいほど利息が発生し、借りた金額よりも多く返済をするのが一般的なので、無利息で利用することができるのはとてもお得ですし、お給料日までの繋ぎ資金などで広く活用することができます。

 

銀行のカードローンにはない消費者金融の魅力が審査スピードの速さです。これまで培われたノウハウによって自動審査システムを採用していることで即日融資に対応することができ、最短30分から1時間程度で融資までを完了することができます。急な出費にも対応することができるので、とても便利に利用することができますし、全国のコンビニATMや提携のATMで借り入れ、返済を行うことができるので気軽に利用することができるのではないでしょうか。

 

銀行カードローンの場合年率は14.5%がボーダーラインとなっているのですが、消費者金融の場合は18.0%と多少高めです。この金利の高さが消費者金融を避ける理由になっている場合もあるのですが金利を高く設定している分、銀行のカードローンよりも審査が甘い傾向にあるのが消費者金融です。カードローンを利用したいが審査に自信がないという場合は消費者金融への申込みがおすすめです。

 

消費者金融の申し込み方法としては、店頭や無人契約機、電話や郵送などがありますが、より速く融資を受けたい場合はインターネットと無人契約機の併用がおすすめです。大手消費者金融は全国に無人契約機を設置しており、公式ホームページには専用の申し込みフォームがあります。インターネットで申し込みをした後に審査が可決されれば無人契約機に行って契約書とカードを受け取ることで、無人契約機と併設されているATMで借り入れを行うことができます。

 

無人契約機で契約書やカードを受け取ることで即日で借り入れを行うことができますし、契約書やカードの郵送を避けることができるので家族と一緒に住んでいて郵送物でバレたくないという人も便利に利用することができます。無人契約機がないという場合は店頭でも同じように受け取ることができます。

 

無利息サービスや審査スピードの速さ、申込み方法の多さなどメリットのあるのが消費者金融ですが、消費者金融は貸金業者なので貸金業法が適用され総量規制の対象になります。総量規制とは全体の借り入れ総額が年収の1/3を超えてはいけないという決まりであり、カードが1枚でも3枚でも全体の借り入れ総額は年収の1/3以下にしなければなりません。そこで消費者金融では50万円以上の借り入れを希望する人には収入を証明する書類の提出を求めています。

 

他社からの借り入れがすでにある場合は総量規制によって融資を断られてしまう可能性が高くなります。ただし、総量規制の対象になるのは消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠で、住宅ローンや車のローン、銀行のカードローン、クレジットカードのショッピング枠などは対象になりません。また貸金業者は配偶者に安定した収入があっても専業主婦への貸付は行っていないので申し込みをしても断られてしまいます。

 

審査スピードが速く即日融資に向いている、審査に自信がない人でも気軽に申し込むことができる、コンビニATMなどで手軽に利用することができる、無利息サービスを利用することでお得に利用できるなどメリットがあるのが消費者金融であり、総量規制などのデメリットはありますが、それでも使い方次第では低金利でお金を借りることができるものです。まずは簡単な審査だけでもという場合は公式ホームページで数十秒で完了する簡易審査を受けることができるのでそちらを試してみるのもおすすめです。

 

消費者金融で申し込みをする場合、準備するのは本人確認をすることができる運転免許証やパスポート、健康保険証などです。顔写真つきの本人確認書類を求めるところも多いのですが健康保険証しかなく顔写真付きの書類がないという場合は保険証と公共料金の領収書などで確認をしてくれるところも多くなっています。この他には直近の給与明細や源泉徴収票など収入を証明することができる書類を求められることも多くなっています。

 

必要な書類に関しては、各貸金業者の公式ホームページなどで確認することができ、インターネットで申し込みをする場合でも書類を写真に撮ってアップロードするだけで完了するのでとても簡単です。また消費者金融でカードローンを作ったことが在籍確認で周囲にバレてしまうのでは?と不安を感じている人もいるでしょう。

 

基本的にローンを利用する際は、申込みの際に申告された勤務先に本当に勤めているのか?を確認し、返済能力を判断するので職場への在籍確認は必須となっているのですが、大手消費者金融の中には、急所明細などの書類や健康保険証などで在籍確認を行っているところもあり、在籍確認の不安を解消することができます。

 

書類で在籍確認を行っているところであれば、会社が休業日で在籍確認ができず、即日融資を利用することができないという場合でもスムーズに融資を受けることができます。

 

おすすめしない6つの手段

 

すぐにまとまったお金が必要!どこからも借りることができない!あてにしていた融資が利用できなかった!など、どうしてもお金を工面しなければならないという場面になると、どうしても焦ってしまいます。この焦りによって結局損をしてしまったり、時には悪質な業者を関わってしまったりすることもあります。

 

お金を借りたいあまりにトラブルに発展しないように、お金が必要な時でも利用しない方がいい手段を知っておきましょう。お金を借りる方法によっては関わってしまったことで将来に影響してしまうようなものもあるので、借入先の見極めはとても大切です。

 

まず1つ目におすすめしない手段として挙げることができるのがクレジットカードのキャッシングです。

普段ショッピングで利用しているクレジットカードにキャッシング枠がついているという人もいるのではないでしょうか。

 

クレジットカードなら新しくカードローンを作る必要もないですし、身近な存在なので安心感もあります。またコンビニのATMなどで簡単に借り入れをすることができます。ですがクレジットカードのキャッシング枠の利用は、よほど急いでいる時以外はあまりおすすめできません。その理由は金利が高いからです。

 

ショッピング枠とキャッシング枠では金利は全く違います。短期間だけ借りてすぐに一括返済をするのであれば特に問題はないのですが、返済が長期になる可能性がある場合はカードローン専用のカードを新しく作った方が、毎月の返済負担を軽くすることができ、さらに最終返済額も変わってきます。

 

またキャッシング枠はショッピング枠に含まれていることがほとんどなので、キャッシングで枠を利用してしまうとショッピング枠が減ってしまいます。海外旅行などでショッピングを利用しようとしてもキャッシングで使ってしまっていると限度額オーバーになってしまい返済をするまで利用することができなくなります。

 

一番おすすめの方法としては、借り入れ専用で銀行のカードローンを持ち、クレジットカードはショッピングのみ利用する方法です。上手く使い分けることで金利の負担を軽くすることができます。

 

2つ目は闇金の利用です。

街中のチラシやネット上などで、激甘ファイナンス、ブラックOK!、専業主婦にも貸付OK!、電話一本で融資します!、審査なしで即日少額融資!と言った広告を見たことがある人もいるのではないでしょうか。これらの貸金業者は登録を行っていない違法な業者であることがほとんどです。闇金と呼ばれています。

 

貸金業法では専業主婦への貸付を禁止していますし、さらに言えば信用情報をもとに審査を行うのが一般的なのでブラックOKというのも怪しいものです。

 

つまり、貸金業法で定められているものを無視しているということになり違法な業者だということがわかります。甘い誘い文句で、借り入れを希望している人を誘ってくるのですが、実際に契約に行くとチラシに書いてあるような額を貸してもらうことはできず、低金利でお金を借りるどころか、上限20.0%の法定利息を遥かに上回った高い金利で貸付を行っているところが多くあります。

 

貸してくれるならという人もいるのですが、もし闇金から借り入れを行うと返済のサイクルが早い、金利が高いなどの理由から返済不能に陥ってしまうことがほとんどです。返済不能に陥ってしまうと督促の電話が鳴り響き、時には自宅や勤務先まで取り立てに押しかけてくることも考えられます。こうなると借りた人の生活は破綻してしまい、家族や職場で闇金を利用していることがバレて、誰からも信用されなくなってしまったという人も存在します。

 

また貸してくれるのであればいいと思って闇金に行って申込みをすると、まずは携帯電話の契約をするように言われ、携帯電話を差し出すとそのまま業者は音信不通になるなど詐欺被害に合う人もいます。個人情報だけを取られて返されるという場合もあります。最初はどんな金融機関、貸金業者よりも優しく丁寧に対応してくれるのですが、甘い言葉に誘われてくるお客は全て鴨と考えているのが闇金業者です。

 

即日融資、最短30など、消費者金融にもこういった広告があるので、悪質な業者とそうでない業者を見極めるのはなかなか難しい面もあるのですが、違和感を感じたら関わらないことが大切ですし、金融庁へ登録をして貸付を行っている貸金業者かどうかは、金融庁が設置している登録貸金業者情報検索入力ページから業者の名称や登録番号から検索することができます。

 

闇金は違法な業者であり、絶対に利用してはいけませんし関わってはいけません。利用はしないけど、一度話しだけでも聞いてみたいという人もいるでしょう。しかし、相手の事務所などに立ち入るのもリスクが高いですし、電話番号や住所、名前、勤務先の情報などを知られてしまうことで、闇金業者の間でその情報は売り買いされ、融資の案内の電話やはがきなどが大量に届くようになるケースもあります。ですからこういった業者には関わらないのが一番です。

 

3つ目はクレジットカードの現金化です。

クレジットカードのキャッシング枠のことではないの?と疑問に思う人もいるでしょう。

 

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を現金に変えることを言います。街中のチラシやネットの広告などでクレジットカードを現金化しますというのを見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。クレジットカードの現金化を行っている業者のホームページや店頭などで、自分のクレジットカードを利用して商品を購入します。購入する商品は特に価値のないものです。

 

物品のやり取りが実際に行なわれていない場合もあります。クレジットカードでの購入が終わると、購入した商品をその場で売却します。買い取りをしてもらうことでクレジットカードで購入した額の70%から90%を現金で受け取ることができるという仕組みになっています。

 

業者は10%から30%の手数料を取ることで儲けています。カードローンを利用してこれ以上お金を借りることができないという人にとって持っているクレジットカードのショッピング枠を現金に変えることができるというのは魅力的に感じるかもしれません。

 

ですが、クレジットカードのショッピング枠の現金化は、ほとんどのカード会社が禁止していて、もしバレてしまうと契約違反となりカードそのものが利用停止になってしまったり、一括で返済を求められてしまう可能性があります。またインターネットを利用した現金化の場合は商品を購入して買い取りをしてもらったのに、いつまでたってもお金が振り込まれないなど詐欺被害に遭うことも多いので利用しないようにしましょう。

 

またクレジットカードの現金化を行っている業者は違法性が高いことも多く、悪質な業者も存在します。

 

こういった業者に気軽に自分のクレジットカードの情報を教えてしまうのも問題ですし、後々になってクレジットカードの情報が個人情報と一緒に売り買いされてしまう可能性も少なくありません。

 

4つ目は質屋の利用です。

大手質屋や古くから地域に密着して営業を行っている質屋など、質屋そのものの数は減ってきているのですが、まだまだ営業をしているところは多くあります。質屋では品物を担保にして、その品物に見合った金額を貸してもらうことができます。

 

毎月利息が発生し、3ヶ月で全額返済をすることができれば品物を返してもらうことができます。また利息を払い続けて品物を維持することができるのですが、それもできなくなってしまうと品物は質屋のものになり、これを質流れといいます。

 

カードローンのように審査もなく、品物に見合った金額を借り入れることができるので、一見便利なように感じるのですが、質屋は貸金業者ではないので法定利息などは関係ありません。質屋には質屋のために定められた利息制限があり、この利息制限はなんと年率109.5%まで設定することができます。

 

カードローンは20.0%を上限としているので、いかに質屋の金利が高いかがわかります。金利を考えると質屋ではなくカードローンを利用する方が無駄な利息を払わなくて済みますし、お金に困っていて質屋に入れる品物があるのであれば早めに売却してしまった方が高値で売れるのでお得です。

 

5つ目はソーシャルレンディングです。

インターネットなどの掲示板を介して、お金を貸したい人とお金を借りたい人を結びつけるサービスのことであり、個人向けのものも多く登場しています。そんな掲示板があるの?と魅力を感じる人もいるのではないでしょうか。

 

ですが、どこの誰だかわからない、どんな人なのかわからないというインターネットの世界で、お金を借りるために無闇に自分の個人情報を公開したり、身分証を提示するのは得策とは言えませんし、相手が闇金業者など違法な業者という場合もあります。

 

また詐欺被害に遭うリスクも高くなりますので利用しないようにしましょう。ソーシャルレンディングという名目ではなく、ネット上の掲示板でお金の貸し借りを行うやり取りをしているところも存在します。こういったところも関わらないようにしましょう。

 

6つ目は、友人や知人からお金を借りる方法です。

確かに身近な友人や知人にお金を借りることができれば、審査もありませんし、利息を設定しないことも多いのでメリットを感じるのですが、個人間のお金の貸し借りはトラブルに発展しやすいです。

 

お金を借りたことで信頼関係が壊れてしまう可能性もあるので、まずは公的な貸付制度やカードローン、生命保険の契約者貸付などを利用して、それでも工面できない場合にお願いするようにしましょう。

 

また友人、知人であっても後々トラブルにならないために借用書はしっかり作成しておきましょう。

 

お金を借りたい時に、おすすめしない6つの手段について紹介しました。中には違法なものもあり、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうリスクもあるので、お金を用意しなければならないという焦りから間違った方向に行かないように落ち着いて考えるようにしましょう。

 

事業用の資金を探しているのなら

住宅ローンや車のローンはマイホームの購入資金や車の購入資金にしか利用することができません。ローン審査の際には目的を証明するための書類が必要になります。

 

公的な貸付制度もある程度、用途が決まっているので用途以外では貸付制度を利用することはできません。より自由度の高いローンとしてはカードローンがありますが、カードローンでも唯一利用することができないのが事業資金です。また事業資金のためとなると個人向けのカードローンでは額が少ないこともあり、デメリットが多くなります。そこで事業のために低金利でお金を借りる方法を紹介します。

 

事業のためにお金を借りる方法としては、

  1. 銀行の融資
  2. 公的な融資
  3. 地方自治体の融資
  4. ソーシャルレンディング
  5. ビジネスローン

の5つがあります。

 

個人向けの融資と事業向けの融資は、貸金業者や銀行など融資を行っているところはほとんどわけているので、例えば個人向けの融資を事業資金に充てていることがバレてしまうと、利用停止になってしまったり、契約違反で一括返済を求められてしまうこともあるので、しっかり使い分けるようにしましょう。

 

事業資金のための融資の中でも最も低金利でお金を借りることができるのが、国が行っている公的な融資制度です。事業資金を目的とする場合に利用することができるのが、日本政策金融公庫です。日本政策金融公庫では一般的な運転資金を借りることができる普通貸付や業績が悪化している法人、個人事業主向けのセーフティーネット貸付、これから新しく事業を始める人向けの新企業育成貸付などがあります。

 

中小企業や個人事業主、農林漁業をしている人に対して50以上のプランがあるので、相談することで状況に応じたプランを提案してもらうことができます。日本政策金融公庫の事業資金貸付制度の金利は2%台が上限になっているのですが、無金利で借り入れを行うことができる場合もあります。また状況に応じて数百万円、数千万円、数億円と融資が可能です。審査スピードに関しては、融資額が大きくなることが多いので、申し込みから融資まで1ヶ月程度かかります。

 

国が運営している日本政策金融公庫の他に、地方自治体が事業資金のために融資を行っている場合もあります。会社の所在地の地方自治体の制度融資を利用することで、低金利で事業資金を得ることができますし、場合によっては補助金などを利用することも可能です。ただし、公的な融資制度なので融資を受けるためには金融機関での手続きだけではなく、地方自治体の承諾や信用保証会社の審査なども必要になるので融資実行までにはどうしても時間がかかってしまいます。

 

銀行の融資を利用する場合は、銀行によって金利が変わってくるのですが、個人向けのカードローンよりも遥かに金利は低くなります。法人なのか個人事業主なのかによって融資額が変わり、返済期間は5年以内としているところがほとんどです。銀行で事業資金のための融資を受ける場合に審査のポイントとなるのが、売上や利益、会社の規模、安定性があるか、将来性があるか、融資が必要な理由や使いみちが明確であるかなどです。

 

銀行で融資を受ける場合は銀行の担当者と直接会う必要があるので、質問に対してはっきりと答えることができるか、清潔感があるかなどもやはりポイントになってしまいます。印象が悪いことで融資を断られてしまう可能性も少なくありません。

 

ソーシャルレンディングは個人がお金を借りたい場合には利用はおすすめしないと書いているのですが、もともとソーシャルレンディングは事業用にお金を借りるために存在するもので、投資家が投資をする目的として普及したものです。お金を貸すことでどんな利益があるのかというのを証明することで、ソーシャルレンディングを通して事業資金を借りることができる場合があります。借りることができる金額や返済期間、利息などに関しては個人的なやり取りになるので話し合いで決定されます。

 

事業資金の融資を検討しているが、時間がないという人にはビジネスローンがおすすめです。申し込みから最短2、3営業日以内に融資が可能なところも多く、中には個人向けの消費者金融のように即日融資を行っているところもあります。

 

ビジネスローンは原則保証人なしで申し込むことができます。銀行の融資の場合は保証人を立てるのが原則となっていることも多いので、第三者に保証人をお願いする手間を省くことができます。ビジネスローンで保証人が必要となる場合は代表者がなることができます。

 

民間の貸金業者が融資を行っているので、中には総量規制の対象になるのでは?と思う人もいるでしょう。ですが総量規制にはいくつか例外規定が儲けられており、事業資金としての利用が目的で、直近の確定申告書や事業計画書などを提出することで総量規制の対象外となります。

 

消費者金融や銀行カードローンのように、コンビニのATMで24時間借り入れや返済を行うことができるビジネスローンもあるので手軽に事業資金を得ることができる方法です。ただし、公的な融資制度や銀行の融資に比べると金利が高くなる傾向にあるので、短期的に借りて返済をすることで金利の負担を軽くすることができますし、公的な融資制度や銀行の融資が実行されるまでの期間に繋ぎ資金として利用することもできます。

 

公的な融資制度や銀行の融資、ソーシャルレンディングやビジネスローンなど、事業資金を調達するために利用することができる融資制度は多くあります。条件に該当していれば公的な融資制度を利用することでより金利を抑えて融資を受けることができますし、審査は厳しいものの公的な融資と金利の差があまりないのは銀行の融資です。

 

まずはこの2つの方法で借り入れを検討し、それでも難しい場合には民間のビジネスローンや個人間で貸し借りを行っているソーシャルレンディングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?ここではお金を借りたい人に10個の方法を紹介しました。さらに低金利でお金を借りる方法としては公的な融資制度、生命保険の契約者貸付制度、銀行のカードローン、消費者金融の無利息サービスを使った借り入れがおすすめです。

 

他にもお金を借りる方法を紹介していますが、中には違法なものもあり、詐欺被害にあうリスクを高めてしまう方法もあります。こういった方法を選択することなく、賢くローンを利用しましょう。