年金を担保にお金を借りることができる仕組みや手続きの方法を紹介

お金を借りる様々なサービスがありますが、銀行や消費者金融からお金を借りることが一般的ですが、年金を担保にお金を借りることをご存知でしょうか?

 

年金を担保にしてお金を借りるということはどういうことなのか知らない人もいますが、実際にこの制度を知っている人は便利な制度として積極的に利用しています。

 

年金を担保にお金を借りるというとなんか怪しいと思ってしまう人もいるかもしれませんが、この制度は怪しい業者が運営しているわけではなくて、国の機関が運営している制度で安心して利用することができるメリットがあります。

 

国の独立行政法人福祉医療機構という組織が年金を担保にお金を借りる制度を展開しています。

 

国の制度だからこそ騙されるわけではないので、お金を借りたいと思っている人はこの制度を積極的に使っていって損はありません。

 

ここではこの制度に関して詳しく解説していきます。独立行政法人福祉医療機構が運営していますが、あまり知られていませんが、知っているととても便利な年金を担保にお金を借りることができる制度を紹介します。もし自分がお金に困っているときはこの制度を有効活用してお金を借りるようにしてください。

 

「年金担保貸付事業」を知っていますか?

 

年金を担保にお金を借りる方法として「年金担保貸付事業」という制度があります。この制度は独立行政法人福祉医療機構が運営している制度で、自分がもらう予定の年金を担保にしてお金を借りることができるサービスです。あまり聞きなれない制度なのでよく理解されていない人も多いですが、国の機関で運営されているので、年金担保貸付事業は安心して利用することができるサービスとなっています。

 

この制度を利用することで、全ての国民が加入することができる国民年金、厚生年金保険や労働者災害補償保険の年金を担保とすることで、お金を融資することが法律で唯一認められた制度として知られています。

 

どうしてもお金が必要になったときに利用されることが多く、一時的に小口の資金が必要なときにこの制度を利用することができるようになっています。他のサービスや制度を使ってお金を借りる事が出来ない場合は、積極的に年金担保貸付事業を使ってお金を借りることをおすすめします。

 

年金担保貸付事業でお金を借りて保健・医療に充てたり、家族の介護・福祉に利用したり、冠婚葬祭に工面したり、生活必需物品の購入などをすることができるようになります。

 

年金を担保にお金を借りる際の流れ

年金を担保にお金を借りることができる「年金担保貸付制度」は、国民年金や厚生年金などの年金を担保として融資を受けることができる制度ですが、この制度を活用するためには正しい方法で申し込みをしなければいけません。

 

年金担保貸付制度を担当しているのが、独立行政法人・福祉医療機構になります。この機関で提供されている制度に申し込みをするときは、独立行政法人・福祉医療機構で発行しているスケジュールに沿って申し込みをするようにしてください。

 

年金担保貸付制度の申し込みをする前に、なぜお金を借りたいのかを相談するところから始まります。年金担保貸付制度を担当している福祉医療機構に相談して、納得できる申し込みをすることができると判断したら、そこで申し込みの手続きをすることになります。申し込みの手続きはこの制度を取り扱っている金融機関で申し込みをすることができます。

 

申し込みをする人の状況によって、申し込み内容が変わってきます。

 

申し込みが完了したら審査が行われます。審査結果で融資しても良いと判断されたら、申し込みをした人の預金口座に振り込まれるようになっています。

 

年金を担保にお金を借りる際に必要な書類

年金を担保にお金を借りることができる「年金担保貸付制度」の申し込み時に必要な書類として、借入申し込み書があります。この申込書は取り扱いをしている各金融機関で用意されているので、その申し込み書に必要事項を記入して申し込みをすることになります。

 

自分が借りたいと思っている金額に応じて収入印紙が必要になってくるので、申し込みをした際に自分がいくら借りるのかをしっかり伝えて収入印紙が必要なときは準備する必要があります。

 

次に自分自身の年金支給額を証明する書類を準備しなければいけません。人によって証明する書類は異なりますが、例として年金振込通知書、国民年金の支払いに関する通知書、年金決定通知書、年金支払い通知書などの書類を準備します。

 

本人を確認する書類も必要で有効期限内のものを用意する必要があります。

 

例として運転免許証、身体障碍者手帳、外国人登録証明書、個人番号カード、住民基本台帳カード、パスポートなどを用意する必要があります。

 

このほかに何に借りたお金を使うのか資金使途の確認できる資料を準備しなければいけません。年金担保貸付制度では保険・医療・介護・福祉・住宅改修・教育などに利用することができますが、自分が借りる資金使途がどのくらい必要かを確認できる資料を準備してください。

 

年金を担保にお金を借りる際に注意する事

年金を担保にしてお金を借りる場合は注意点があります。この注意点をしっかり守ってお金を借りるようにしてください。

 

年金を担保にお金を借りるときに返済の開始日が決まっている

その期間までにお金を準備して間違いなく返済するようにしてください。

 

指定預金口座を事前に作成しておかなければいけない

年金を担保にお金を借りるときに申請した指定預金口座は、借りたお金が完済となったときに発生する剰余金を受け取るまで解約をしたり、変更したりすることができないので注意しましょう。

 

途中で貸付の条件を変更したい場合

年金を担保にお金を借りる融資を受けた後に、どうしても貸付の条件を変更したい場合が出たときは注意しなければいけません。やむを得ない事情により生活困窮に陥り返済困難となった場合だけ、貸付条件の変更するための申請を行うことができます。

 

それ以外の理由ではいかなる場合でも変更することができないので注意するようにしてください。

 

万が一の場合貸付条件を何回も変更することはできません。基本的に返済期間中に1回だけ変更することができます。さらに注意しなければいけないポイントは、貸付条件の変更をした場合は、任意繰上返済ができないので注意しなければいけません。

 

年金担保ローンでお金を借りるまとめ

年金を担保にお金を借りることができる年金担保融資制度はとても便利だからこそ、積極的に利用したい制度です。国民年金や厚生年金保険などを担保にして融資を受けることができる国の制度だから安心して利用することができるメリットがあります。

 

年金担保融資制度は様々な利用の仕方があり、保健・医療・介護・福祉・住宅改善費用・冠婚葬祭などの費用に充てることができます。様々な使い道に利用することができる融資なので、使い勝手がとても良いです。

 

融資限度額は200万円までとなっていますが、これで十分という人は変な金融商品に手を出してしまうくらいなら、国の制度で安心して利用することができる年金担保融資制度を利用したほうがはるかにメリットが大きいです。

 

これから年金担保融資制度を利用したいと思っている人は、なぜ自分がお金を融資してもらいたいのかをしっかり考えて理解してから、窓口に行ってお金を借りたいことをしっかり伝えて相談にのってもらうようにしてください。