親からお金を借りる時の理由や金利はどうするのが一番良い?

様々な金を借りる方法がある中で、一番身近な借り方に親から金を借りるという方法があります。どのような方法であっても金を借りるときに後ろめたさを感じるものですが、気の知れた身内だったらお金を借りやすいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかし少額の金額を借りるときは問題ないかもしれませんが、一言にお金を借りると言っても様々な理由があって親から借りたいと思っているもので、金額によっては簡単に事が進まない場合もあります。だからこそ身内だから簡単にお金を借りれるだろうと思わないで、一番身近な人だからこそ気をつけなければいけないことはたくさんあるということを理解しておきましょう。

 

お金を借りることに対してどのように思っているかは人それぞれです。身内には言い難い、迷惑をかけたくないという思いが強ければ、銀行や消費者金融から借金をする人もいます。しかし簡単にお金を借りてしまうとどんどん借りてしまい泥沼にハマってしまい最終的には返済できなくなり多重債務に陥ってしまう可能性があります。だからこそ身内には言い難い、迷惑をかけたくないという思いがあったとしても必ず親からお金を借りることをおすすめします。

 

身内から金を借りるときと、銀行や消費者金融から借金をするのとでは状況が異なってきます。特に身内から借金をすると贈与税などの税金の課税対象になってしまう可能性があるので、どのような理由でお金を借りたら課税対象になってしまうのかもしっかりと理解して、どうしても借金をしたいと思ったら、なぜ借りたいのかを素直で正直な気持ちで理由を親にしっかり話して、その理由に対して納得してもらって初めて親から金を借りることができるようになります。

 

親だからこそ気を付けなければならない事

お金はとても大切なものですが、自分が持っているお金で全てのことを解決することができれば良いのですが、万が一自分でどうすることもできないケースが出てくるものです。

 

急な出費などに対応をするためにお金を借りたいと思ったときに、自分ではどうすることもできない場合は親から借りる人も多いのではないでしょうか?

 

  • 親からお金を借りるか
  • 友達からお金を借りるか
  • 銀行や消費者金融からお金を借りるか

様々な手段があります。

 

番身近な親から借りることでどのような金額であってもお金を借りやすいと思っている人も多いのではないでしょうか?

 

しかしいくら身内の親と言ってもお金を借りるときは気をつけなければいけないこともあるのです。子供だからこそお金に困っていたら助けてあげたいと思っているものだからこそ、信頼し合える親子関係であっても、親子同士の金銭トラブルに巻き込まれないように、どうすれば良いかをあらかじめしっかり決めておくようにしてください。そうすることで親子同士のお金に関するトラブルを回避することができます。

 

親からお金を借りる場合にどのくらいの金額を借りれば問題ないのか?どのように借りればトラブル無くお金を借りることができて問題なく完済することができるかを事前に知っておくことで、血縁関係が拗れることなくスムーズにお金を借りることができるようになります。

 

親の気持ちを踏みにじらないようにするためにも、これまでと変わらない親子関係をしっかり保つために、お金を借りる前に親子間のお金の貸し借りはどうすれば良いかをしっかり自分自身で把握しておくようにしてください。

 

血がつながっている親でも「借用書」は必要?

 

急にまとまったお金を用意しなければいけなくなったときに、自分ではどうすることもできない場合親から金を借りる人も多いと思いますが、親と子のお金のやり取りで借用書はどうすれば良いのか疑問に思っている人も多いのではないでしょうか?

 

血縁関係がある親だから借用書は必要ないと思っている人もいるかもしれませんし、万が一のことを考えて親であっても借用書は必要なのではないか?と思っている人もいるでしょう。ただ頻繁にあるわけではないので、いざ親からお金を借りるとなった場合にどうすれば良いか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?

 

親からお金を借りる場合、血縁関係があるから大丈夫だと思わないで、何らかのトラブルを回避するためにも血のつながりがあるからこそ、身内であってもお金を借りるときは借用書や契約書は必ず作っておくようにしてください。身内からお金を借りるといつ返しても良いということになりがちですが、いつ返しても良いというのは問題があり、結果的に返さなくなってしまうケースが多く、これがトラブルの原因になってしまいます。

 

そうならないためにも親からお金を借りる場合であっても面倒だと思わずに、トラブルを回避するためにも必ず金額に関係なく借用書や契約書を作って、お互いが納得できる形でお金の貸し借りをするようにしてください。身内だから面倒なことは必要ないと思っている人も多いですが、面倒だと思っていると万が一のトラブルに対応ができなくなってしまう危険性があるので、そうならないためにも身内の関係を良好に保つためにも、必ずお金を借りる場合は借用書や契約書を作るようにしてください。

 

どうするべき?親にお金を返すときの”金利”

銀行や消費者金融、クレジットカード会社のカードローンなどからお金を借りると、借りたお金に必ず金利が付きます。この金利が銀行や消費者金融、クレジットカード会社の儲けの部分になるので、お金を借りるときは元金だけでなく金利の分の利息も払わないといけません。

 

お金を借りるな!という風潮がありますが、この風潮こと元金だけでなく金利分も返済しなければいけないからこそ、結果的には借りた以上のお金を支払わないといけないということから、日本では風潮として銀行や消費者金融、クレジットカード会社のカードローンはあまり使わないようにしましょう!という風潮があります。

 

だからこそ親からお金を借りたいと思っている人が多いのです。親近者からお金を借りるときに金利は無くても良いでしょう?と思っている人が多いですが、借りる金額によっては金利を付けないで借りてしまうと贈与とみなされて贈与税が発生してしまう可能性があります。身内からお金を借りることを安易に考えている人が多いですが、金額が大きいといくら身内であっても税金が発生してしまうことをしっかり理解しておきましょう。

 

住宅や車を購入するときに親からお金を借りる人がいますが、住宅や車のローンは決して安い金額ではないので、このような場合は贈与税が発生してしまう可能性が高いので、税金対策として借用書に金利を記載しておくようにしましょう。どのくらいの金利を設定すれば良いのかですが、身内でのやり取りなので、銀行や消費者金融、クレジットカード会社ではありませんので、返済する子供が負担にならない程度に金利を設定してください。

 

親からお金を借りる時、贈与税や相続税はどうなる?

親からお金を借りるんだから気軽に借りることができるでしょう?と思っている人は多いのではないでしょうか?ただ数百円借りるという程度なら気軽に借りることができるのですが、借りる金額が大きくなってしまうと話は変わってきます。どのように変わってくるのかというと「税金」が発生してしまう可能性が十分考えられるのです。

 

手軽に気軽にお金を借りたいから親から借りるのになぜ税金が発生してしまうのか?と疑問を感じる人もいますし、税金の対象になってしまうので身近な人からお金を借りることがとても面倒なことだと感じてしまう人もいます。

 

親からお金を借りるときに金額に応じて贈与税や相続税の対象になってしまう可能性があります。

 

なぜ親から借りるのか?それは手軽で面倒じゃないから親から借りるのです。銀行や消費者金融やクレジットカード会社から借金をするのが面倒だから身内から借りるのです。しかしその身内から借金することで税金の対象になってしまうということを理解いていない人が多いです。基本的な考えとして銀行や消費者金融やクレジットカード会社から借金をしても贈与税はかかりません。

 

しかし身内から借金をしてしまうと贈与税の対象になってしまいます。これは身内から借金をしたときに無利子で借りてしまうと贈与税の対象になってしまいます。元金しか返済しないと税金の対象になってしまうので注意しなければいけません。だからこそ親子だから返済はいつでも良いよ!とならずに、完済する期間をしっかり決めて、契約書や借用書をしっかり作成して、無理なく返済できる程度に利息をつけることで、贈与税の対象にならないで済むようになっています。

 

親にお金を借りる時の好ましい「理由」

親からお金を借りるのは後ろめたさがある人が多いです。銀行や消費者金融やクレジットカード会社などからお金を借りるのは抵抗が無くても、親からお金を借りることに対して抵抗を感じる人も多いです。だからこそ借りる理由をしっかり考えて、自分の思いをしっかり相手に伝えることが重要になってきます。様々な状況の中でお金が無くて肩身が狭い思いをしてしまう人が多いからこそ、お金に困っていてどうすることもできない場合は、素直な気持ちでなぜ親からお金を借りたいのかをしっかり相手に自分の思いを伝えることが重要になってきます。

 

なぜ借りたいのかを素直な気持ちで正直に包み隠さずに親に相談するようにしてください。ここはしっかり考えなければいけません。ただお金を貸してほしい!だけでは貸してくれないでしょう。なぜ自分自身で解決できずに身内から借金をするのか?その理由を明確にして素直な気持ちで包み隠さず話して、いくら借りていつまでに完済するのかを明確にするために契約書や借用書を作成しておくと、いざお互いの意見が食い違ったときに、借用書や契約書がトラブルを回避してくれる可能性が高くなります。

 

親子でも金銭トラブルのニュースが後を絶ちません。少しだけなら借りても良いだろうと思ってる人もいますが、金の切れ目が縁の切れ目という言葉もあるように、お金は親子であってもトラブルに発展してしまう可能性が高くなり、それで関係が悪くなってしまうという話もあるので、自分たちがトラブルに巻き込まれないようにするためにも、なぜ借りたいのかを正直に話して、しっかり借用書や契約書を作成して、期日までに全額返済するようにしてください。

 

なんでも、お金を借りる時は言い訳はしない方が良い!

お金を借りることに慣れてしまうのも問題ですが、最初はお金を借りることに対して後ろめたさを感じている人も多いのではないでしょうか?

 

お金を借りることができないと片身の狭い思いをしてしまうからこそどうにかしてお金を借りたいけど、銀行や消費者金融やクレジットカード会社から借金をするのは抵抗があるという人が親から借りることが多いです。多くの人が親にお金を借りることを最終手段として考えていますが、身内に借金をすることに後ろめたさがあると、怪しまれたくないという焦りや思いから、借りるときにどうしても言い訳をしたくなってしまうものです。

 

親にお金を借りるときに何て言って借りようか悩んでいる人がいます。つまり言い訳をしてお金を借りようと思っている人がいます。しかしいくら身内だと言っても借金をする場合は、なぜ自分が借りたいのかを正直に話したほうが良いでしょう。正直に話すことができれば相手も理解してくれて、自分が借りたい金額を貸してくれる可能性が高くなります。反対にここで嘘をついてしまったら、せっかく貸してくれる可能性が高くても貸してくれません。

 

それほど親子間であってもお金を借りるということはとてもシビアなことなのです。だからこそ嘘をつきたくない、言い訳をしたくない、というのが当たり前の気持ちだからこそ、下手な言い訳をせずに、なぜ自分がお金を借りたいのかを正直に伝えることが重要になってきます。お金を借りたいという理由は様々な理由がありますが、金額の大きさに関係なくしっかりとお互いの関係を良好に保つために言い訳をしないようにしてください。そうすることで希望額を貸してくれる可能性が高くなりますし、それ以上に親身になって相談にのってくれる可能性が高くなります。

 

親からお金を借りる理由に多い事とは?

どうしても親からお金を借りることになった人はどのような理由で借りることが多いのかを理解しておいて損はありません。他の人はどのような理由でお金を借りている人が多いのか気になる人も多いのではないでしょうか?できることなら銀行や消費者金融やクレジットカード会社からは借りたくないと思っている人の気持ちは、借金をすることに対して後ろめたさがあるからです。

 

そのような状況になったときに、なぜ身内から借金をするのか?借金をする場合はどのようなケースが多いのかをまとめてみたので、自分が借りたい理由と当てはまる人もいるかもしれません。

 

転職や退職でお金に困った人が身内からお金を借りる場合

転職をしたときに以前もらっていた給料よりも減ってしまったときや、退職金を使いたくないという理由などで収入が一時的に無くなってしまったときに、どうすることもできなくて、最終的に親からお金を借りることになってしまう人がいます。

 

借りたお金で生活したり、光熱費や食費や子供の学費やローンの支払いに充てる人がいます。どうすることもできなくなってしまったときに、最終手段として親からお金を借りる人が多いです。

 

金額が大きいときに親から借りる

金額が大きくなってしまうケースとして、住宅ローン、車のローンを支払うときに、頭金にしたり、それらのローンを組む前に一括で支払ってしまい、後から親に返済していく人もいます。

 

銀行や消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りることもできますが、金額が大きくて借りれないというときに、住宅ローン、車のローンを支払うときに親からお金を借りる人がいるようです。

 

住宅ローンを申し込むとき親にお金を借りる場合

 

誰もが憧れる夢のマイホームを購入したいと思ったときに、資金をどのように調達すればよいか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?マイホームを全てキャッシュで購入することができれば誰も悩まずに済みますが、多くの人がマイホームの資金をどのように工面すれば良いか悩んでいる人が多いです。

 

銀行でもマイホームローンの商品を提供してくれているところもありますが、安定した職業や収入がなければ住宅ローンの審査に通らない可能性があるので、全員が銀行などで提供されている住宅ローンを利用することができるとは限らないのです。

 

そのようなときの手段の1つとして親からマイホームを買う資金を借りる方法があります。親だったら気軽に借りることができるから、銀行から借りなくても大丈夫だと思っている人が多いようです。

 

ただ実際には簡単な話ではなくて、マイホームを購入する資金は決して安い金額ではないので、その金額を親から借りた場合、万が一無利息で貸してしまうと、贈与と見なされてしまって贈与税が発生してしまう可能性があります。身内から借金をすると税金が発生してしまうということを覚えておきましょう。

 

身内から借金をしてさらに税金も支払わないといけないので、借りる側からしてみたら大きな出費になってしまいます。そうならないためにも、税金として払うくらいなら親に利息もしっかり払うことが重要になってきます。親からお金を借りた場合どのくらいの金利にすれば良いか迷っている人は、税理士などに相談するようにしてください。そうすることで贈与税が発生しないで、無理の無い利息をしっかりと問題なく返済することができるようになります。

 

車を買うとき親にお金を借りる場合

車が欲しいと思ったら各メーカーが提供している自動車ローンを組んで欲しい車を購入するのが一般的ですが、利息を支払うのが嫌という人が親から借りて車を購入するケースもあります。一見すると親からお金を借りるということは利息が発生しないからお得だと考えてしまうのですが、厳密にいうと親からお金を借りるときもしっかり利息を支払わないと贈与税が発生してしまう可能性があります。

 

新しい車を買いたいけどローンを組みたくないから親からお金を借りるというのは自然の流れです。ただ車の購入資金ということで決して安い金額ではないからこそ、安くはない金額を親から借りてしまうと、結果的にそれが贈与に見なされてしまう可能性があり、借りた側が贈与税を支払わないといけなくなってしまいます。贈与税も決して安くはないので、余計な税金を支払わないといけなくなってしまいます。

 

そうならないためにも、新しい車を購入する資金はどのようにすれば良いかをしっかりと考えて購入を検討するようにしてください。ディーラーが提供しているローン、銀行が提供しているマイカーローンなどには贈与税が発生しません。

 

親から借りるときに贈与税を発生させないようにするためには、利息をつけることで贈与税の回避をすることができます。

 

身内ということもあるので、高い利率にしなくても良いですが、ある程度の利率にしておかないと贈与と見なされてしまう可能性があります。車を購入したいと思ったときに借りるお金にかける利率が分らないという人は、一度税理士に相談してみることをおすすめします。専門家からアドバイスを受ければ解決することができます。

 

結婚資金を親から借りる場合

意外とたくさんの出費があるのが結婚資金です。2人でコツコツ貯めていても足りない・・・となってしまう場合もあるので、銀行や消費者金融に結婚資金を借りるというのも後ろめたさがある人が多いので、そのような場合に親から結婚資金を借りることがあります。

 

あまり贅沢はしたくないと思っても一生に一度の結婚式だからこそ、ケチることなく盛大にやりたいと思う気持ちがあるからこそ、親も子供の晴れ舞台を応援するためにも、みんなで幸せをかみ締めたいという思いがあるので、現実問題として子供たちをサポートしてあげたいといと思うものです。

 

実際に結婚式を挙げるとなると数百万円の費用がかかってしまうのが常識となっています。結婚式を挙げるとご祝儀をもらうこともできますが、このご祝儀だけでは結婚式の費用を賄うことはとても難しいです。

 

だからこそ足りない費用を親から借りて盛大に結婚式を挙げる人が増えています。結婚式の費用も決して安くはないからこそ、計画的に借りたお金を活用して、みんなで幸せになれて楽しめる盛大な結婚式を挙げるために、親の理解を得てお金を借りています。

 

ここまでなら何ら問題はありませんが、身内からお金を借りるとなると贈与税が発生してしまうのではないか?と不安になってしまう人がいますが、結婚式の資金であれば贈与税の課税対象から外れるというのが一般的な流れとなっています。これが住宅を購入する、マイカーを購入する、そのために親から無利息で借りてしまったら贈与税の課税対象になってしまいますが、結婚式の費用は対象外ということを理解しておきましょう。

 

生活費に困ったとき親からお金を借りる場合

急な出費などが重なってしまうと生活が苦しくなってしまい借金をしたいと思ってしまうものです。生活が苦しいという理由だけで消費者金融などから手軽に借金をしてしまうと、金銭感覚が狂ってしまい体重債務に陥ってしまう危険性が高くなります。そうならないためにも、金融機関や金融業者から生活費を借りるのではなくて、親からお金を借りることをおすすめします。

 

銀行や消費者金融の金融商品を利用するときは、何か目的があってまとまった資金が必要になったときなどに利用するものであって、生活費レベルであれば利用しないほうが懸命でしょう。

 

だとしたらどのように生活費を工面すれば良いかというと、親から借りるのが手っ取り早しですし、確実に貸してくれるのではないでしょうか?親からお金を借りる理由の上位に挙げられるのが生活費を工面するためです。急な出費が重なってしまったときや、仕事を失ってしまって無職になってしまったとき、冠婚葬祭が重なってしまったときなど、生活をしていれば様々な出費があって生活費が足りなくなってしまい、自分自身の生活が苦しくなってしまう可能性があります。

 

自分自身の生活が苦しくなってしまうしまう前になぜ親から借りなければいけないのかを理解してから、必要最低限の金額を借りるようにしてください。余計な金額を借りて遊ぶ金などに使ってしまうと、そこに甘みを覚えてしまい金銭感覚がズレてしまう可能性が高くなります。そうならないためにも親からお金を借りるときもしっかりと借りる理由を告げて、期日までにしっかり返済することを約束してから生活できる範囲で金を借りるようにしてください。

 

学生が親からお金を借りる場合

親からお金を借りるのが多いのが学生時代の子供です。社会人になれば自分自身で働いて収入を得ることができるようになるので、多額の金額を必要となった場合を除いてあまり金に関して親を頼らないようになりますが、学生時代は親からの仕送りやアルバイト代だけではどうしても足りなくなってしまうことがあります。

 

そのような場合にどうしても親からお金を借りることが多いです。親から借りることに対して後ろめたさを感じて、消費者金融などに手を出してしまう若者が多いですが、一度簡単にお金を借りてしまうとお金の怖さにハマってしまう可能性があるので、そうなるくらいだったら学生のうちは親から借りたほうが良いでしょう。

 

学生でも急な出費はつきものです。勉強で使う教材を購入しなければいけなかったり、友達と遊びに行くときの費用が必要になったりと、アルバイト代と仕送りだけでは賄えないこともあります。そのときに消費者金融を利用するのではなくて、親からお金を借りるようにしてください。少額であれば無利息で生活費を借りても贈与税の課税対象にはなりません。だからこそ、金銭感覚が麻痺しないようにするためにも、消費者金融ではなくて親からお金を借りることをおすすめします。

 

今の時代は様々なモノが溢れているので誘惑も多いです。だからこそ急な出費が出てしまうことが多くなってきているので、そのようなときに理性でコントロールしながら、自分自身でどうすることもできない場合に身内からお金を借りて解決するようにしましょう。ダラダラ金を借りるのではなくて、いくら身内だからといってもしっかり返済期間を設けて、その期日までにしっかりと返済をしていくことが重要になってきます。

 

身近な人からお金を借りる【まとめ】

身近な人からお金を借りるということは、良い部分もあれば悪い部分もあります。それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解しながら、自分では解決できないときの最終手段として身近な人からお金を借りるようにしましょう。

 

お金を借りるというのは人それぞれの考え方によって異なります。銀行や消費者金融から借りて身内に迷惑をかけないようにする人もいるでしょうし、反対に何かあったときに怖いから銀行や消費者金融からではなくて、あえて身内から借りるという人もいるので、価値観や考え方によってどちらが良いということを断言するのは難しいです。

 

しかし金の切れ目は縁の切れ目!という言葉もあるように身内からお金を借りて何らかのトラブルに発展してしまった場合身内との関係が拗れてしまい悪化して絶縁状態になってしまう可能性もあります。それほど身内からお金を借りるということは、しっかりやり取りをして期日までにしっかりと返済しなければいけないということを理解しておくことが重要になってきます。

 

様々な場面で身内からお金を借りたいと思うことがあると思いますが、それが本当に最善の方法なのかをしっかり理解してから身内からお金を借りるようにしてください。違う方法で良い方法があればそちらを選ぶのも1つの方法です。

 

お金を借りる方法はたくさんあるので、自分自身が納得してしっかり返済できる方法を選んで借りるようにしてください。最善の方法が身内からお金を借りると判断したら、なぜお金を借りたいのかを正直に伝えて借りるようにしてください。そうすることで信頼関係を損ねることなく希望額を貸してくれるでしょう。