お金が必要になった時生命保険でお金は借りられます!

急な事故などに対応するために多くの人が利用している生命保険ですが、この生命保険ではお金を借りることができるサービスがあるのを知っていますか?とても便利なサービスだからこそ、ただ毎月掛け金を支払っているだけでなく、使えるサービスは有効に使っていくことが重要になります。

 

ここでは生命保険のサービスがどのようなものなのかを解説していきます。

 

消費者金融や銀行でお金を借りたくない人に朗報!

急な出費などに対応をできない場合に多くの人が銀行や消費者金融などでお金を借りることになりますが、どうしても銀行や消費者金融からお金を借りたくないと思っている人も多いです。そのように思っている人がどのようにお金を借りれば良いかを考えたときに、生命保険を活用してお金を借りる方法があります。

 

生命保険でお金を借りることができるの?と思っている人もいますが、生命保険をうまく活用することで保険会社からお金を借りることができるようになります。

 

自分が加入している保険を利用してお金を借りるということがどのようなことなのか?というと、加入していた保険を解約すると、保険会社から解約金が支払われます。

 

その解約金から一定の割合でお金を借りることができる制 度になります。この制度を契約者貸付制度と言います。

 

「契約者貸付制度」を利用する

お金を借りたいと思ったときに、銀行や消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングのサービスなどを利用してお金を借りることが圧倒的に多いかと思いますが、これらの金融機関や金融業者以外にも生命保険を担保にしてお金を借りることができます。急な用事ができてしまいどうしてもお金が必要になったら生命保険をうまく活用してお金を借りることができるということを理解しておきましょう。

 

このサービスの正式名称は「契約者貸付制度」と言います。

 

聞きなれない言葉の制度ですが、自分が契約している保険を担保にしてお金を借りることができるという安心感を得られる人も多く、知っている人は利用している制度です。生命保険はとても大切なものですが、契約内容を理解していない人も多いので、自分が契約している保険がどのような内容になっているかを理解して、契約貸付制度が利用できるかを確認してみましょう。

 

契約者貸付制度の特徴として、「解約返戻金の一部」を保険会社から借り入れできる制度を契約者貸付制度と言います。どの部分を財源とした借り入れかというと、満期保険金として支払われるまでは保険会社のお金を貸してくれます。

 

満期保険金を切り崩して利用する制度なので、保険会社からの「借金」という扱いになってしまいますが、どうしてもお金を借りたいと思ったときに有効に使える制度です。この制度を利用することで誰でも保険会社からお金を借りることができます。

 

金利はどっちがお得?貸付利息はどれぐらい?

生命保険を利用してお金を借りる場合も利息は発生します。どのようなサービスであっても利息が発生するということを理解しておきましょう。だからこそ利息は安いほうが良いのです。だからこそ生命保険からお金を借りる場合もどのくらいの利息が発生するかを理解する必要があります。自分が加入している保険会社の契約者貸付制度は、どのくらいの金利がかかるのか必ず確認するようにしてください。

 

それぞれの利息を比較してみると、一般的なカードローンやキャッシングと比べて、契約者貸付制度の利息のほうが安く設定されています。だからこそ保険に加入している人は積極的に利用したい制度なのです。各保険会社によって利息に違いがありますし、同じ保険会社であっても加入時期によって利率に違いが出てくるので、自分が加入してる保険はどのくらいの利息が発生するのかを確認するようにしてください。

 

平均値を算出すると保険会社が提案している利息の平均値が1,5~3,5%と言われています。

 

例えば契約者貸付制度を利用して10万円を借りた場合2%で計算すると一年間の利息は2,000円となります。

 

一年間に2,000円であればそれほど大きい負担とは言えないのではないでしょうか?この利率の平均値を見ても、カードローンやキャッシングの利息と比較してみても思っている以上に負担を感じることなく契約者貸付制度のサービスを利用することができるのではないでしょうか?

 

生命保険で借りられる金額はいくらまで?

生命保険でお金を借りることができる契約者貸付制度はどのくらいの金額を借りることができるのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

利用目的に応じて少額で良いという人もいれば多額にお金を必要としている人もいます。銀行や消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングなどはどのくらい借りることができるかある程度予測することができますが、あまり知られていない契約者貸付制度がどのくらい借りることができるかをしっかり見極めてから、契約者貸付制度のサービスを利用することが重要です。

 

契約者貸付制度の限度額ですが、各保険会社によって限度額は異なってきますが、平均的に自分が加入している保険の解約返金額に対して70%から90%以内でお金を借りることができると言われています。解約払戻金を全部借りることができるわけではありません。

 

例として返金額が100万円で90%だったら90万円を借りることができるということになります。

 

各保険会社によって限度額が異なってくるので自分が加入している保険会社の限度額はいくらかを確認するようにしてください。

 

サービスを利用する前に限度額を確認しておかなければ、自分が希望している金額を借りることができないかもしれません。そのような場合に自分が思っている金額をしっかり借りることができるように、自分が加入している保険の契約者貸付制度がどのくらいまで借りられるのかを確認してください。事前に確認をしなければいざというときにお金が足りなくて困ってしまいます。そのような状況にならないためにも事前にチェックするようにしてください。

 

生命保険でお金を借りた場合の利用可能な期間はどれぐらい?

お金を借りるということは必ず返さなければいけません。返さないとどんどん利息が増えていき返済するのが大変になってきます。大変にならないためにもどのようなサービスを利用するときにも必ず借りることができる期間はどれくらいなのかをしっかり理解しておくようにしてください。しっかり理解することができていれば安心してサービスを利用することができるようになります。安心してサービスを利用したいと思ったら、お金を借りる前にチェックするようにしてください。

 

生命保険の契約者貸付制度を利用するときも、どのくらいの期間お金を借りることができるかをしっかりチェックしておくようにしましょう。保険という特性上、保険を契約してすぐや、もうすぐ満期になるというタイミングだとお金を借りることができない可能性があります。銀行、消費者金融、クレジットカード会社などが提供しているサービスとは異なり、保険が絡んでいるからこそ借りることができないタイミングがあります。

 

このタイミングを理解していれば、自分が加入している保険はどのタイミングでお金を借りることができるかを知ることができて、そのタイミングでお金を借りることができるようになるので、自分が加入している保険会社に問い合わせをして、自分が加入している保険は契約者貸付制度を利用するときどのタイミングであればお金を借りることができるかを、担当者に事前に確認をしてから、的確に失敗することなくお金を借りるようにしてください。

 

生命保険でお金を借りた場合の返済方法

保険会社から借りたお金は必ず返済しなければいけないので、どのように返済すれば良いかを事前に確認しておくようにしましょう。生命保険の契約者貸付制度はどのような返済方法かは各保険会社で異なってくるので、自分が加入している保険会社ではどのような返済方法なのかを必ず確認しておくことをおすすめします。保険会社が推奨している返済方法は原則として毎月返済があります。契約者貸付制度を利用してお金を借りた場合、元金と利息を合わせた額を毎月決められた期日までに支払っていきます

 

この返済方法が確実ですが、毎月の返済額が決まっていないのであれば、自分のペースで毎月支払っていくこともできます。保険会社から月々このくらいの金額を支払ってくださいという指定があれば、その金額を確実に支払っていかなければいけませんが、もし保険会社から返金額の指定がなければ、自分が支払える範囲で毎月返済していくことができます。自分のペースで無理なく確実に返済していくことができるメリットがあります。

 

最後に1回で全額返済してしまう方法です。借りた金額を一括で返済できるまとまったお金があれば、毎回余計な利息を支払わなくても良いので、借りたお金をすぐに返済するためにも全額返済ができる人は、毎月支払っていくのではなくて、他のことを少し後回しにしてでも一括で返済してしまったほうが楽になります。

 

これらの返済方法がありますが、返済する場合は銀行口座への振込、提携ATMからの振込、振込用紙を使った振込、直接保険会社の窓口で振込などを選択することができるようになっています。

 

解約返戻金の他に保証人や担保は必要?

契約者貸付制度を利用するときに、保証人や担保はどうなっているのかをしっかり理解してお金を借りるようにしてください。契約者貸付制度は保険会社のサービスで、銀行や消費者金融やクレジットカード会社の内容と異なる場合があります。

 

だからこそ大丈夫だろうと思わないで自分が契約している保険会社がどのような契約内容になっているか?担保や保証人はどうなっているのかを事前に確認するようにしてください。

 

基本的に契約者貸付制度は解約返戻金を担保にしてお金を貸してくれます。従ってお金の返済が滞ってしまったら解約返戻金を差し押さえられてしまいもらうことができなくなっています。

 

これだけ理解していれば確実に返済をしなければ後から悔やんでしまうというのを理解することができるのはないでしょうか?契約者貸付制度を利用した時点で解約返戻金を担保にしているので、その他の保証人などは必要ありません

 

お金を借りるときにバレたくないという思いから保証人を付けることが難しい人もたくさんいますが、契約者貸付制度は自分の責任の範囲内で誰にも知られることなく自分自身で契約することができる制度だからこそ、バレることもありませんし、焦ることもなくお金を借りたいというときに難しいことを考えることなく借りることができます。

 

このように契約者貸付制度は保険を契約している人にとってとても身近なサービスだからこそ、もっと多くの人に知ってもらいたい制度で、たくさんのメリットがあります。

 

生命保険でお金を借りる時の審査はあるの?

お金を借りる場合必ず審査があります。銀行でも消費者金融でもクレジットカードの会社でもサービスを利用するときは必ず審査があります。この審査を通過することができて初めてお金を借りることができるのです。

 

審査があるということは生命保険の契約者貸付制度にも審査があるのではないか?と思っている人もいるかもしれませんが、基本的に保険会社が提供している契約者貸付制度に審査はありません。自分がお金を借りたいと思っている保険会社にこの制度があれば確実に利用することができます。

 

審査が無いということは保険に加入していれば誰でも加入するというメリットがあります。審査が無いの手続きもスムーズに行うことができます。

 

申し込みの方法は2種類あり、

  1. 直接保険会社に出向いて窓口で申し込みをする方法
  2. インターネットの公式サイトから申し込みをする方法

です。

 

どちらも様々なメリットがあるので、自分はどちらの方法で申し込みをするかを事前に確認しておくようにしてください。

 

窓口で申し込みをする場合、分らないことがあればすぐに担当者に確認をして納得してから申し込みをすることができるメリットがあります。ある程度制度の内容を理解しているのであれば、申し込みに必要な書類を郵送してもらい、自宅で書類を作成して返送して手続きを完了させることもできます。

 

インターネットの公式サイトからも契約者貸付制度の申し込みをすることができるので、パソコンが得意な人はインターネットを使って申し込みをするようにしてください。

 

生命保険でお金を借りるメリット

生命保険の会社が提供している契約者貸付制度は様々なメリットがあります。このメリットを有効活用して自分が納得できた状態で契約者貸付制度の制度を利用するようにしてください。

 

1つ目のメリットは保証人が不要

他の機関でお金を借りるときに保証人が必要なときがありますが、契約者貸付制度は保証人が不要でお金を借りることができるようになります。

 

2つ目のメリットは金利が低い

銀行や消費者金融と比べると契約者貸付制度の利息はとても低く設定されているので、返済もしやすいです。利息が高くて返済するのも大変だと思っている人も多いですから、契約者貸付制度の利息が低く設定されているのは大きなメリットになります。

 

3つ目のメリットは審査が無い

自分が加入している保険に契約者貸付制度が付いていれば、自動的に審査などをする必要なく契約をすることができて、すぐにお金を借りることができるようになります。過去に金融商品でブラックリストに載ってしまったことがある人でも、審査が無いので自分のタイミングで契約者貸付制度を利用してお金を借りることができるようになります。

 

4つ目のメリットは手続きが簡単

審査もありませんし、自宅で申し込みをすることもできるので、一般的なイメージとは違った方法で、難しいことを考えることなく手続きをすることができるような仕組みが各保険会社で整っています。

 

生命保険でお金を借りるデメリット

様々なメリットがある契約者貸付制度ですが、デメリットも少なからずあります。契約者貸付制度のデメリットはどのようなものなのかを理解してサービスを利用するようにしてください。

 

1つ目のデメリットは生命保険に加入していなければ利用できない制度

特に若い世代の人たちは生命保険に加入していない人も多いので、そのような場合は契約者貸付制度を利用できないので注意しなければいけません。

 

2つ目のデメリットは契約者貸付制度は本人しか利用することができません

家族の誰かがお金に困っているからと言って、自分が加入している保険に関して他人名義で契約者貸付制度を契約することができない欠点があります。保険に契約している人が利用できるサービスだということを理解しておきましょう。

 

3つ目のデメリットは解約返戻金の額を超えるお金を借りることができない欠点

消費者金融や銀行からお金を借りる場合、増額をすることもできて利便性が高いですが、生命保険のサービスの1つである契約者貸付制度は好き勝手に増額をすることができないので、多額のお金を借りたいという人にはむいていません。

 

4つ目のデメリットは保険会社によって利率が異な

もしかしたら自分が加入している保険会社の契約者貸付制度の利率が高い可能性があるので注意しましょう。だからこそ契約者貸付制度を利用する前にしっかりと確認をしておくことが重要になってきます。